草野球ビヨンドマックスで打つための実践法

Sponsored Links

ビヨンドマックスが好きではなかった

アンチビヨンド

ビヨンドよりも打ってやる!

僕はアンチビヨンドだった。

大学時代は軟式野球やってて、ビヨンドなんて使わなくても打ってやると思っていた。

高校時代に培ってきた下半身主導のバッティングで。

それと、試合で他のチームにあいつビヨンドじゃないのにすげー打つじゃんって言われたいという願望もあった(笑)

大学もチームバットで2本ビヨンドがあった。

練習で使ったこともある。
だけど、変な当たりばかりで全然打てなかった。

1度だけセンターオーバーの弾丸ライナーを打ったことがある。
練習でね(笑)

しかし、チームメイトで愛用しているやつはよくいい当たりを打っていたしホームランも打っていた。

そいつに対抗心を燃やした。
あいつより打ってやろうビヨンド以外で。
と、よりビヨンドを使わないようになってしまった。

こんにちは。

ブログ管理人のまーぴーです。

草野球でも始めたころは、ビヨンドを使わずに周りにすげーって言われたい欲求があったからビヨンドに手を出さなかった。

しかし、大学時代の対戦チームや草野球でビヨンドを使っている人の打球がエグイことエグイこと。

休日をほぼ一日潰しての草野球だからやっぱりヒットが打ちたい。

なのでビヨンドの力を借りることにした。

今ではビヨンドマックスキングが良き相棒となっているよ。

今回の記事では、以下の内容でお伝えしていくね!

ビヨンドマックスが合わない

ビヨンドマックスを選んだ理由

所有ビヨンドマックスのスペック

ビヨンドマックスで打つためにやったこと

Sponsored Links

ビヨンドマックスが合わない

僕も初めて使ったときは合わないと感じていた
なぜだろうか?

今になって思うけど、ビヨンドが合わないと感じたときは自分のバッティングの調子が悪い時じゃないかな?

少なくとも僕の場合はそうだった。
確かスランプの時だった。
何やってもヒットがでなくて悩んでいた。

スランプの時って、バットを頻繁に変えてみたりするよね(笑)

大学時代に練習や試合で何かのきっかけにと思ってビヨンドで打ってみるけど凡打。

そのイメージが自分の中で定着してしまってビヨンド=合わないという認識になってしまった。

根本的にビヨンドの打感が嫌いだという人もいるけどね。
あの打った感触が嫌いという人が結構聞くよ。

ビヨンドマックスを選んだ理由

やっぱりビヨンドで打てるようになると打球の質が向上するんだよね。

冒頭の方でも言ったけど、大学のチームメイトもビヨンド愛用者。
確か2個上の先輩もビヨンド愛用者だった。

フリーバッティングだと長打連発
練習場はちょっと狭めの公園の野球場だったんだけど柵越えも結構多かった

大学時代の対戦相手もホームラン打った人はビヨンドを使っていた。

草野球でも同じことが言える。

一番の決め手は、2015年の打撃不振!!

というかそれ以前からヒットが全然打てていなかった(笑)
だから、ビヨンド導入に踏み切った。

所有ビヨンドのスペック

僕のビヨンドを紹介しよう!!
このブログに何回も登場しているけどね(笑)

メーカー:ミズノ
カラー:レッド
長さ :84㎝
重さ :800g
最大径:69㎜

このスペックを選んだ理由は重量級だということ
最近だと700gを切るバットもたくさんある。

でも、僕は軽いとなんだか振っている気がしない。
あと、継続して振っていないと振れなくなる危機感を持たせること

800gもあれば怠けていると本当に重く感じる。
試合で扱っていけるレベルを維持していくには振る習慣がないといけない。

それと自分の好みにカスタムしている。

僕はバットを握ったときにグリップエンドが手に当たるのが好きじゃない。

なんか振っているときに不快なんだよね…
だからフレアグリップを入れている。
そうすることで握りやすい。

完全に個人の好みだけどね!

あと、リザードスキンズのグリップテープを巻いている。

これはおすすめ。
グリップ力が上がるし、バットの雰囲気も変わる。

ビヨンドマックスで打つためにやったこと

ビヨンドマックスで打つために僕がやってきたことを紹介していくね。

草野球で打率アップの方法とは?僕が実践した4つのメニュー

と被るから参考にしてね。

でそのメニューで僕が使用していたバットがこれ!!

・メーカー:ザナックス
・用途  :硬式用合竹バット
・カラー :ブルー×ブラック
・長さ  :85㎝
・重さ  :900g
・最大径 :64㎜

このスペックを選んだ理由はビヨンドよりも
重くて長くて細くいから
しかも安かった!!

確か楽天で4000円くらいで買えたかな。

硬式用で合竹だから折れにくい。
だから練習用にぴったりというわけ。

これを扱えるようになればビヨンドも扱えるようになるって考えだ。

でも、目的はビヨンドで打つことだから、途中でビヨンドの使用頻度を多くした。

素振りでも、置きTやトス、バッティングセンターでもね。

とにかくガンガン使ってビヨンドの感覚を覚えた。

今ではビヨンドが信頼できるバットに

ビヨンドマックスで打つためにやったことでビヨンドを使いまくってきた。

そして迎えた2016年は正確じゃないけど打率0.400近くまで上がった。
たまたまなのかもしれない。

けど、今ではビヨンドが無くてはならない存在になってきた。
このビヨンドで打てなっかたらしょうがないと思える。

本当に信頼できるバットだ。
ビヨンドが食わず嫌いなに人にも是非シーズン通して使ってみてほしい。

2017年は、0.300ペースで打ってきている。
しかも、助っ人で行った試合で9年ぶりに柵越えホームランが打てた。(球場は割と小さめ)

ホームグラウンドの公式戦でホームラン打ちたいな!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする