2019年軟式バットの購入体験記!迷ったものや購入の決め手は?

Sponsored Links

使ったことのないメーカーのバットが欲しい

他のにはないスペックがいい!

2019年のバットは複合バットがまた進化を遂げている。
各メーカーいろいろ考えてきているから企業努力は本当にすごいと思うよ。

こんにちは。
ブログ管理人のまーぴーです。

今回の記事は、現役で草野球をプレイしている僕が実際にどのように考えてどのバットと比較して悩み、ショップに足を運んで実際に購入した体験をお送りしてくよ。

以下の内容でお伝えしていくよ!

購入に迷っていた4本のバット

実際に振りたいからショップへ行く

ブラックモンスターの価格と不満点

まとめ

Sponsored Links

購入に迷っていた4本のバット

僕が、購入に迷っていたバット以下の4本スペックともに理由をご紹介しよう。

候補その1.ビヨンドマックスギガキング02(ミズノ)

参照:https://products.mizuno.jp/c/item/1CJBR14685/

長さ:85㎝
最大径:平均φ69㎜
重さ:770g
バランス:トップバランス
価格:46,440円

候補の理由

使ったことのないメーカーと言っておきながら、やはりビヨンドは捨てきれないのが本音。

単純に飛距離だけならビヨンドが一番定評がある。
5本のバットで5人で飛距離を検証してみたんだけど、平均して飛距離が出ていたのがビヨンドだった。

安定志向で行きたいならビヨンドかな。
持っているビヨンドマックスキングは84㎝800gだからほとんど同じ感覚で扱えそう。

今までお世話になったビヨンドは練習用に回せると考えた。

候補その2.カタリストⅡ Ti(ルイスビルスラッガー)

参照:http://www.imaisp.com/

長さ:85㎝
最大径:打撃部φ67㎜
重さ:720g
バランス:トップバランス
価格:38,880円

候補の理由

カタリストは、ビヨンド嫌いな人がよく使っているという噂を耳にしていたので、興味があった。
昔はアンチビヨンドだったもんなー。

純粋にアンチビヨンド派が使っているからどんな打った感触が知りたかった。
720gが少々軽いかなと思う。

上のビヨンドと長さは同じだけど、50g重いからビヨンドの方が飛びそう。

候補その3.ニュートロン(ルイスビルスラッガー)

参照:http://www.imaisp.com/

長さ:85㎝
最大径:打撃部φ67㎜
重さ:740g
バランス:セミトップバランス
価格:43,200円

候補の理由

ビヨンドとカタリストのいいとこどりをしたニュートロン
カタリストのカーボンコンポジット材の上にラバー素材を巻いてその上にコンポジット材でコーティングされている。

簡単に言うと3層構造になっているのかな。
このラバー素材を使うことでボールの変形が抑えられるらしい。

うーん、ただセミトップとバランスがねー。
良いところどりしすぎて小さくまとまっちゃうんじゃないかと思う。

カタリストと同じ理由でビヨンドの方が飛びそう。

候補その4.PRIME C271(ルイスビルスラッガー)

参照:http://www.imaisp.com/

長さ:86㎝
最大径:打撃部φ62㎜
重さ:710g
バランス:トップバランス
価格:38,880円

候補の理由

PRIME C271で『ブラックモンスター』と呼ばれている代物。

実は、今一番気になっているバット
最大径が62㎜で細いし、長さも86㎝で長いから飛びそう。

710gはちょっと軽いかなって思うけど。

飛びそうっていうのは、ノックバットをイメージしてほしい。
ノックバットって細いし長さがあるから軽い力でも飛距離を稼ぐことができる。

メジャーリーグでも有名な打者、ケングリフィやアレックスロドリゲスがつっかっていたC271のモデルを再現している。
だからこの形に何か秘密があるのではと考えている。

素材も、100%コンポジットカーボンなので僕の好きな素材。
純度の高い素材だね。

実際に振りたいからショップへ行ってみた!

といっても、カタログだけのスペックを見ていてうだうだ考えてもしょうがない
YouTubeでも紹介されているものは見たけどやっぱり自分で感覚はわからないからね。

てことで、実際にショップに行って振ってこよう!

まず先に行ったところはお世話になっているツボイスポーツさんへ。

住所
〒454-0806 愛知県名古屋市中川区澄池町20-11

営業時間
平日 11:00~20:30
土日祝 10:00~20:30

定休日
毎週水曜日(祝日の場合は営業)

電話
052-365-3633

FAX
052-365-3622

E-MAIL
info@tsuboi-sports.com

営業開始間もないのにすでにお客さんが入っている。
平日なのにな。
10人くらいはいただろうか。

スタッフの方も、バタバタしていてなんだか忙しそう。

目当ての4本のバットを探してみた。
発見したのは、ギガキング02ニュートロンだ。

ギガキング02は、2ピース?構造になっている。
ニュートロンは、マットホワイトになっていて見た目がかっこいい。

いつも対応してくれているSさんはグローブの型付けしている。
他のスタッフさんを捕まえようとしたけどみんなお客さんの対応中だ・・・。

自分も待っている時間が無いので泣く泣く退散することにした

しかし、ブラックモンスターを取り扱っているところはどこかないかと思って探していたら行ったところのあるお店がルイスビルスラッガー取り扱い店ではないか!

ネット通販を見てみると、ブラックモンスターの在庫があるではないか!
これはすぐ行かなければと思い帰りがてらよってみた。

それがカニエスポーツさん。

住所
愛知県海部郡蟹江町源氏1-158

営業時間
10:00~20:00

定休日
毎週水曜日

電話
0567-96-3677

FAX
0567-96-5177

Email
kanispo@kanispo.net

失礼ながら盲点だった。
自宅から結構近いからね。

楽天で見たときはもしやと思ったけどやっぱりそうだったんだ。
店に入ると店員さんが声をかけてきた。

店:今日は何かお探しで?

僕:PRIME C271ありますか。

店:ネット見てきましたか?

僕:はい!そうです!

バットが立てかけて並んでいる。
探していると出てきた!

ブラックモンスター!

僕:いやー、置いてあるの初めて見ましたよ。

店:メーカー在庫も少ないんですよ。

僕:そうなんですか!?振らせてもらっていいですか?

店:いいですよ。外でどうぞ。

軽く準備運動をして振ってみた。
心の中でおぉー!これはいい!と叫んだ。

即決だ。
他のバット振ってないけどこりゃ即決だ。

僕:いいですね。めっちゃ振りやすいです。

僕:カードで支払いできますか?

店:ちょっとカードはエラー出てダメなんですよ。

店:カードなら楽天で買われた方が良いですよ。ポイント付きますし。

店:もしよければとりおきしておきますよ。

僕:あぁー。大丈夫ですよ。すぐ買うので。

と言っておきながら用事を済ませた夜に楽天でポチった。
翌日、というか今日(2019年4月16日)に取りに行った。

お店の方と購入したら取りに行くという段取りをしていた。

ブラックモンスターの価格と不満点

お店に取りに行くと直接取りに来てくれたということでバットケースをもらえた。

価格は、31,100円

もらったバットケース。

ブラックモンスターはマットブラックになっていてかなり渋い!
遠目から見たら木製バットだね(笑)

ただ唯一不満な点が。
グリップエンドがT字になっていること。
僕はこれが嫌い。

なので大好きなタイカップ型にするべくその足でツボイスポーツさんへ。
車内でパチリ。

渋いブラックモンスターのグリップテープはもちろん黒!

柄にするとなんか渋さがなくなってしまうからね。

こんな感じになりました。

グリップテープはリザードスキン。

まとめ

今回の記事は、『2019年軟式バットの購入体験記!迷ったものや購入の決め手は?』というテーマで僕がリアルに体験したことをお送りしてきました。

ブラックモンスター購入の決め手になったのは振った感触が良かったことと、メーカー在庫もあまりなく絶滅危惧種になるかもしれないから。

手に入らなくならなかったら、後悔してしまう。
ビヨンドならこの先も改良されて出続ける。

予算があったら予備でもう一本買いたいなー(笑)

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする