雑学

【野球】エースの由来はあるピッチャーのあだ名が派生していったこと

野球のエースは、チームの中で一番いいピッチャーのことを指します。

エースと呼ばれるようになった由来は、アサヘル・エイサ・ブレイナードという投手のあだ名と言われています。

そのあだ名は、

「エイサ」→「エース」

へと派生していきました。

この記事では、

・野球でエースと言われるようになった由来

・エースが背番号18の由来

についてお伝えしています。

気になる方は、ご覧ください。

野球のエースと言われるようになった由来

野球でエースという言葉が使われるようになったのは、アサヘル・エイサ・ブレイナード投手のあだ名だとされています。

アサヘル・エイサ・ブレイナード投手は、アメリカで1869年に発足した初のプロ野球球団シンシナティ・レッドストッキングスに所属していました。

投手が不利の条件で高い実績

この時代の野球ルールは、上手投げ禁止となっていて下手投げでしかプレーできませんでした。

そのうえ、投手は各チームに1人で、現代野球とはかけ離れたものでした。

以下の記事の後半に、投げ方やルールの変遷について表で解説しているので、参考にしてみて下さい。

ブレイナード投手は初年度に57試合に登板して56勝1分けで、翌年にかけて92連勝しました。

あだ名が派生していった

ブレイナード投手の活躍ぶりから、次第に良い投手のことをあだ名だった「エイサ」のようだと言われるようになりました。

「エイサ」は主戦投手の代名詞となり、その呼び名がいつしか「エース」に変化していったとされています。

 

野球でエースに必要な条件

野球でエースになるには、一体どのような条件が必要なのでしょうか。

球速が早く、変化球のキレがあるに越したことはありません。

ですが、それ以上に以下の条件が必要です。

エースに必要な条件 内容
安定感 調子の良し悪しに関わらず、フォアボール連発など自滅することが少ない。
ゲームメイクがコンスタントにできる。
責任感 自分が1試合を抑えるつもりで投げることができる。
精神力 味方のエラーや得点圏にランナーを抱えていても動じないこと。

 

野球エースの背番号が18の由来

日本では、一般的に背番号18がエースナンバーだと知られています。

しかし、メジャーリーグでは野手が18をつけていたり、エース級の活躍をするようなピッチャーが日本のコーチのような数字の大きい背番号だったりします。

日本でエースが18になった由来は、

・歌舞伎

・実力のある選手が着用

の2つが有力だとされています。

歌舞伎からの由来

歌舞伎では、1832年に7代目市川団十郎によって、初代から4代目までの団十郎が得意にしていた18の作品を集めたものを歌舞伎十八番として定めました。

得意技や最も得意とする芸という意味で十八番(おはこ)が使われていました。

野球でチームの中で最も得意とする投手、つまり主戦投手とするので十八番(おはこ)が馴染みやすかったのではないでしょうか。

 

実力のある選手が着けていた

プロ野球黎明期では、実力のある選手がそろって背番号18を付けていたことから由来されています。

プロ野球黎明期に背番号18を着用した選手
中尾碩志 野口二郎 若林忠志

巨人では、中尾碩志から「18」を受け継いだ藤田元司が「18はエースナンバーだ」と中尾碩志から伝えられていました

最低でも、1950年後期には18はエースナンバーだと認識されていた可能性があります。

また、プロ野球界で中心だった巨人の名だたるピッチャーが18を身につけていたことも要因の一つとして挙げられます。

巨人で歴代の18を着用していた選手は以下の通りです。

巨人の背番号18を着用した歴代選手
スタルヒン 中尾碩志 藤田元司
堀内恒夫 桑田真澄 杉内俊哉
菅野智之

 

アマチュア・プロのエースナンバー

一般的に背番号18がエースナンバーと知られています。

しかし、アマチュアとプロ野球の各球団では少々異なる場合があります

小学生~高校野球 1
大学野球 1,11,18
東京ヤクルトスワローズ 17
中日ドラゴンズ 20
阪神タイガース 19
広島東洋カープ 18
横浜DeNAベイスターズ 18
読売ジャイアンツ 18,21
埼玉西武ライオンズ 21
千葉ロッテマリーンズ 18
東北楽天ゴールデンイーグルス 21
福岡ソフトバンクホークス 47
北海道日本ハムファイターズ 11

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です