イベント

横浜赤レンガパンのフェス2019秋混雑状況は?駐車場もチェック!

お盆も終わり、夏も残すところあと2週間といったところ。

僕の楽しみな時期がやってくる!

それは、読書でもない、運動でもない、食欲の秋だ!!!

秋は出かけるのに過ごしやすくていいよね。

世間では、いろいろなグルメイベントがあってどれもおいしそう。

一つのジャンルに特化したグルメイベントもよく見るよね!

そこで気になったのがパンに特化したパンのフェスなるものがある。

なので、今回は『横浜赤レンガパンのフェス2019秋混雑状況は?駐車場もチェック!』と題してお送りしていくよ!

興味のある人は見ていってね!

 

 

横浜赤レンガパンのフェス2019秋混雑状況は?

横浜赤レンガパンのフェスは、2016年から始まり2019年春までに6回開催されている。

2017年からは春と秋の年2回の開催になっているよ!

これまでに、約700,000人訪れている

ということは、1回の開催期間に約116,667人の来場者数になよね。

毎回3日間の開催になるので、日割りにすると38,889人だね。

軽くドームのライブ並みの人が押し寄せてくるね(笑)

開催日と営業時間は以下の通り。

2019年9月21日(土) 11:00~19:00
2019年9月22日(日) 11:00~19:00
2019年9月23日(月・祝) 11:00~17:00

初日と2日目は、8時間で最終日は6時間だよね。

1時間当たりの来場者はこのようになったよ!

2019年9月21日(土) 4,862
2019年9月22日(日) 4,862
2019年9月23日(月・祝) 6,482

※11:00~13:30は先行入場で500円かかります。

パン屋さんエリアでこの人数は結構混雑しているよね。

売り切れが続出しそうな予感がする・・・。

売り切れ前にお目当てのパンを食べたいのなら、やっぱり500円払ってでも先行入場した方がいい。

先行入場でも人が多ければ、売り切れてしまうからね。

僕だったら500円払って先行入場するかな!

過去の横浜赤レンガパンのフェス用様子。

 

横浜赤レンガパンのフェス2019駐車場もチェック!

横浜赤レンガパンのフェス2019に自動車で来る場合に心配なのが、駐車場がどこにあるかわからない!目当てにしてた駐車場が満車じゃん!といったことですよね。

ここでは、横浜赤レンガ周辺の駐車場をいくつかチェックしていくね!

まず、赤レンガ倉庫の公式サイトで掲載されているのは2か所ある。

 

【赤レンガパーク第一駐車場】

住所 神奈川県横浜市中区新港1丁目1
台数 96台
料金 最初の1時間500円 以後30分で250円

 

【赤レンガパーク第二駐車場】

住所 神奈川県横浜市中区新港1丁目1−1
台数 83台
料金 最初の1時間500円 以後30分で250円

 

もし仮に、先行入場をして最後までいるとしたら、8時間止めることになるので4,000円になるよね。

8時間パンのフェスにいなくても、横浜赤レンガ倉庫周辺を観光したりできるよね。

ただ、駐車料金が4,000円は僕にとっては高く感じる。

その他、横浜赤レンガパンのフェス2019会場周辺の駐車場をまとめておくね!

 

カーオアシス 赤レンガ倉庫前第3

住所:神奈川県横浜市中区新港1丁目6

 

【日新 万国橋駐車場】

住所:神奈川県横浜市中区海岸通5丁目25−8

 

【タイムズ みなとみらい第2】

住所:神奈川県横浜市中区北仲通6丁目 横浜市中区北仲通6−64

 

【横浜市馬車道地下駐車場】

住所:神奈川県横浜市中区本町6丁目51

 

【横浜ワールドポーターズ 駐車場】

住所:神奈川県横浜市中区新港2丁目2−1

 

【新港地区7街区臨時駐車場】

住所:神奈川県横浜市中区新港1丁目4

 

まとめ

今回は、『横浜赤レンガパンのフェス2019秋混雑状況は?駐車場もチェック!』と題してお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?

神奈川の人気店はもちろんだけど、全国のから名店が集まるイベントなのでパン好きじゃなくても行く価値はあるよね!

僕は、完全にごはん派なんだけど行きたくなっちゃったよ(笑)

あなたも是非足を運んでみてはいかがですか?

最後までお読みいただきありがとうございました!