プール

東京サマーランド2018!屋外プール営業期間はいつからいつまで?

夏の天気のいい日に入る屋外プールは気持ちがいいし何よりも子供がとても喜びますよね!

 

東京サマーランドは、東京都あきる野市にあります。

 

屋内施設や屋外遊園地、管理釣り場やアウトドア、ゴルフ練習場など大人から子供まで楽しめる施設があります。

 

1日では遊びきれませんね。

 

夏のイベントではやっぱり屋外プールが外せませんね。

 

東京サマーランドの屋外プール2018年の屋外プールの営業期間はいつからいつまでなのか、人気アトラクションはどれなのか、気になることもあるので情報をまとめてみました。

 

Sponsored Links

 

東京サマーランド2018年の屋外プールの営業期間

 

東京サマーランドには流れるプールやウォータースライドなどを「冒険」しているかのように体験できるアドベンチャーラグーン(ADVENTURE LAGOON)屋外プールエリアがあります。

 

《営業期間》
2018年7月1日~9月30日

 

《料金》
・入園券
大人(中学生以上60歳まで) 3,500円
小学生          2,500円
幼児・シニア(2歳~未就学児・61歳以上)1,800円

 

・フリーパス券
大人(中学生以上60歳まで) 4,500円
小学生          3,500円
幼児・シニア(2歳~未就学児・61歳以上)2,800円

 

《時間割引》
・入園券
大人(中学生以上60歳まで) 2,600円
小学生          1,600円
幼児・シニア(2歳~未就学児・61歳以上)1,600円

 

・フリーパス券
大人(中学生以上60歳まで) 3,600円
小学生          2,100円
幼児・シニア(2歳~未就学児・61歳以上)2,800円

 

入園券では、屋内プールと屋外プールとウォータースライドを利用することができます。

ただし、DEKASLAは利用できません。

 

フリーパス券は、入園券で利用可能なプールとウォータースライドに加えてDEKASLA(夏期のみ)、乗りものが乗り放題です。

 

一部のアトラクションやコイン遊技機はフリーパスでは利用できません。

 

割引料金は、15:00以降の利用になると適用されます。

 

長時間滞在しなければ、15:00以降に利用した方が安くていいかもしれませんね。

東京サマーランド屋外プールの人気アトラクション

 

・DEKASLA

出典:https://www.summerland.co.jp/pool/guide_detail_tpl.html?gid=2120

 

4~6人乗れるゴムボートに乗ってのもトーンの巨大なオブジェのようなコースを滑走!!
スリル満点ですね。

 

《料金》
フリーパス可
専用利用券500円または乗り物券2枚

 

《スペック》
全高24m
コース全長131m

 

《制限》
身長130㎝以上
合計体重454kg未満の登場

 

2014年7月1日に新登場したウォータースライダーです。
デザインも特徴的で楽しいと評判なので東京サマーランドの新しい顔になっていますね!

 

・アクアファン

出典:https://www.summerland.co.jp/pool/guide_detail_tpl.html?gid=2109

 

頭上から1.2tもの水が降りかかったことがありますか?
一気に水が降りかかってくるのは爽快です!

 

《料金》
入園券のみで利用可能

 

《スペック》
面積242㎡

霧ジェット、水鉄砲、スライドの装備付き

 

《制限》
眼鏡、サングラスの着用持ち込み禁止

 

夏の東京サマーランドの風物詩です。
子供がすごく喜ぶアトラクションですね。

 

・dobon

出典:https://www.summerland.co.jp/pool/guide_detail_tpl.html?gid=2119

 

普通のスライダーは滑るとうい発想ですよね?
しかし、dobonは違います!
このdobonは落ちるととうコンセプトをモットーにしています。

 

《料金》
入園料のみで利用可能

 

《スペック》
高さ4m
全長7m
水深2.5m

 

《制限》
身長140㎝以上
体重105㎏以下
年齢60歳以下
十分な泳力のある方

 

スライダーで落ちるという感覚を味わってみたいですね!

 

まとめ

今回は「東京サマーランド2018!屋外プール営業期間はいつからいつまで?」というテーマでお伝えしてきました。

 

屋外プールは9月30日まで営業しているので焦らなくても大丈夫そうですね。

9月になっても暑いことがあるのでそういったときに狙っていってみてもいいかもしれません。

 

アトラクションで注目なのはデカスラですね。

アートのようなスライダーをご家族やカップルで体験してみてはいかがでしょうか?