スキー・スノーボード

高鷲スノーパーク2019-2020の営業期間や時間はいつまで?

秋も深まってきて、ゲレンデのオープンが待ち遠しいよね!

高鷲スノーパークは、西日本でも有名なゲレンデだよね。

そこで、2019-2020年シーズンの営業期間や時間はいつまでなのか調査。

営業期間は、2019年12月7日(土)から2020年5月6日(水)。

営業時間は、平日8:00~16:30で、土日祝は7:30~16:30だ。

今回は、『高鷲スノーパーク2019-2020の営業期間や時間はいつまで?』というテーマで期間中の過去のゲレンデ状況や、コースの難易度などをご紹介しているよ!

興味のある方は、是非見ていってね!

高鷲スノーパーク2019-2020の営業期間や時間はいつまで?

高鷲スノーパーク2019-2020の営業する期間や時間は何時までなのかまとめてみたよ!

高鷲スノーパーク2019-2020

 

【営業期間】

2019年12月7日(土)~2020年5月6日(水)

 

【営業時間】

平 日 8:00~16:30

土日祝 7:30~16:30

 

営業期間中のゲレンデ状況は?

高鷲スノーパークは、冬から春までと期間が長いのが特徴だね!

営業期間中のゲレンデ状況がどうなっているのかが気になるところだよね。

そこで、2018-2019年のゲレンデ状況を見てみよう。

【2018年12月】

 

【2019年1月】

【2019年2月】

【2019年3月】

【2019年4月】

【2019年5月】

2018年12月~2019年3月までは、ゲレンデの状況は良さそうだよね!

2019年4月以降になると、雪は積もっているけれど滑ることのできるレーンはかなり限られそう

しかし、5月の最終日まで雪は残っているので、期間中楽しむことができる。

 

高鷲スノーパークの基本情報

高鷲スノーパークのゲレンデは、西日本の中でもトップクラスの規模を誇っている。

ゲレンデ山頂標高 1,550m

ゲレンデ面積 1,800,000㎡

人工降雪機 210基

総滑走距離 43㎞

全29コース

ゲレンデ面積、人工降雪機、総滑走距離、全29コースは西日本ナンバーワン

 

コースと難易度

高鷲スノーパークのコースと難易度をご紹介します。

コース名 滑走距離 最大斜度 平均斜度 高低差 対象者
ビギナーコース 3,100m 10度 7度 390m 初心者
パノラマコース 3,950m 21度 10度 600m 初・中級者
ダイヤモンドコース 3,900m 17度 10度 600m 初・中級者
ゴールドコース 520m 18度 15度 120m 中級者
スーパーコース 400m 27度 17度 100m 中級者
エキスパートコース 300m 27度 17度 70m 中級者
ダイナミックコース 4,000m 24度 10度 600m 中・上級者
テクニカルコース 350m 32度 23度 100m 上級者
エキサイティングAコース 1,000m 26度 16度 240m 上級者
エキサイティングBコース 2,300m 30度 12度 410m 上級者
チェレンジコース 400m 29度 22度 120m 上級者
チャンピオンコース 2,250m 40度 12度 600m 上級者

初心者から上級者まで楽しめる充実したコースになっているね!

他にも、パークエリアやツリーランエリアがあるので、楽しみ方は無限大だね!

 

まとめ

今回は、『高鷲スノーパーク2019-2020の営業期間や時間はいつまで?』というテーマでお届けしてきましたが、いかがでしたか?

高鷲スノーパークの営業期間と時間は、2019年12月7日(土)から2020年5月6日(水)までで、平日は8:00~16:30、土日祝7:30~16:30となっているね。

高鷲スノーパークは、ゲレンデ面積、人工降雪機、総滑走距離、全29コースが西日本ナンバーワンということあって、初心者から上級者まで楽しめるゲレンデだよね!

期間は春まで楽しめるので、スキースノボライフを満喫して下さいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です