台風

台風21号2018名古屋への上陸はいつ?被害や影響を調べてみた

今年一番の強い台風が日本へと上陸する時が近づいています。

 

非常に強い勢力なためかなり危険な台風21号です。

 

そこで、台風21号2018名古屋へは上陸するのか、被害や影響はどうなるのかと気になることがあったので調べてみました。

 

台風21号2018の現在の概要は?

【名称】
JEBI(チェービー)

 

【強さ】
非常に強い

 

【進行方向】
北北東

 

【速さ】
45km/h

 

【中心気圧】
945hPa

 

【最大風速】
中心付近で45m/s

 

【瞬間最大風速】
60m/s

 

【暴風域】
東側190km
西側90km

 

【強風域】
東側440km
西側220km

5時時点は以下の概要でした。

 

【強さ】
非常に強い

 

【進行方向】

 

【速さ】
30km/h

 

【中心気圧】
945hPa

 

【最大風速】
中心付近で45m/s

 

【瞬間最大風速】
65m/s

 

【暴風域】
東側170km
西側110km

 

【強風域】
東側440km
西側330km

 

2018年9月3日の5時時点から、進行方向が北から北北東に、速さが30㎞/hから45㎞/hと10㎞/h早くなっています。

 

近づくにつれて早くなりつつありますね。

 

暴風域と強風域も変化していますね。

 

中心気圧は依然として945hPaを保ったままになっています。

 

台風21号2018名古屋の上陸はいつ?

2018年9月4日8:00現在で、足摺岬の南約130kmにありました。

 

4日18:00には金沢市の約60kmに達し、5日6:00には稚内の西側約210㎞到達する予測になっています。

 

その後、ユーラシア大陸の北東部のアムール川下流域に達して温帯低気圧になる見込みのようです。

 

名古屋への直撃はしないかもしれませんが、最接近はおそらく2018年9月4日昼過ぎくらいになる予想です。

 

また、暴風域を抜けるのは2018年9月4日18:00ごろの見込みになっています。

 

速度が速くなってきているので、予測よりも早く最接近する可能性がありますね。

 

早めの対策ももちろんですが、台風が過ぎ去った後でも風が強いので警戒するに越したことはありません。

 

 

台風21号2018の被害や影響情報

今回の台風21号で交通機関にどのような影響が出ているか情報をまとめてみました。

鉄道

JR東海

 

東海道新幹線(東京~新大阪)
東海道本線(豊橋~米原)
中央本線(名古屋~塩尻)
高山本線(岐阜~猪谷)
関西本線(名古屋~亀山)
武豊線
太多線
名松線
参宮線
紀勢本線
飯田線
東海道本線(熱海~豊橋)
身延線
御殿場線

 

で遅れ等があります。

 

名古屋鉄道

特に遅れ等の情報はありませんでした(9:00現在)

 

名古屋市営地下鉄

各路線平常運航

 

近鉄名古屋線

平常運航(9:00現在)

 

高速道路

9:00現在で台風21号の影響による通行止め等の情報はありません。

 

しかし、台風21号の影響で広い範囲に及ぶ通行止めになる恐れがあるので高速道路の利用を控えた方がいいかもしれません。

 

 

中部国際空港

国内線出発便は126件、到着便は104件で国際線は出発が79件で到着が62件の欠航および遅延があります。

 

避難や被害に対する情報

現在出されている避難情報や注意報をまとめます。

 

避難情報

【避難指示】
大阪府、和歌山県、香川県

【避難勧告】
兵庫県、奈良県、徳島県、高知県

【避難準備】
福井県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、岡山県、広島県、愛媛県

 

土砂災害情報

【警戒】
徳島県

 

竜巻注意情報

静岡県、愛知県、三重県、奈良県

 

緊急・被害状況
徳島県 土砂災害警戒情報【第3号】

 

台風の状況により変化しますのでこまめに台風情報を確認しておいた方がいいですね。

 

まとめ

今回は、「台風21号2018名古屋への上陸はいつ?被害や影響を調べてみた」ということで台風21号2018年について情報をまとめました。

 

非常に強い戦力の台風21号なので気が倒れたり走っているトラックが転倒したりするので不要不急の外出は控えましょう。

 

それと、台風21号が過ぎても強風なので気を緩めずに警戒した方がいいかもしれませんね。