CM

トイレスッキーリCMの赤ロングスカートの女性の名前は?出演作品も!

9月に突入して、秋を感じることが多くなってきたね!

でも、日中は残暑が残り暑がりの僕としてはは約涼しくなってほしいばかりだ。

ところで、最近気になるCMを拝見した。

アース製薬のトイレのスッキーリ!新しいCMの「ニオイ退治」篇だ。

それに出演している赤坂ロングスカートの女性が気になった。

このトイレスッキーリは、神田沙也加さんのミュージカル風の演出で話題となったので、この女性にスポットを当ててみたいと思う!

なので今回は、『トイレスッキーリCMの赤ロングスカートの女性の名前は?出演作品も!』をテーマにお伝えしていくよ!

興味のある方は気軽に見ていってね!

 

 

トイレスッキーリCMの赤ロングスカートの女性の名前は?


アース製薬のトイレスッキーリCMでは、赤のロングスカートを履いていた女性の名前を調査してみようと思う!

名前が判明した。

吉田友利恵さんとおっしゃるそうで、ニュートラルマネージメント所属のモデルさんだ!

以下は、吉田友利恵さんのプロフィールだよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🌼 今日はCMの撮影でした☺︎ また報告させてください〜。 そして素敵なお花をいただきました💐 ありがとうございます◡̈

吉田友利恵さん(@_yurieyoshida_)がシェアした投稿 –

名前 吉田友利恵
読み よしだゆりえ
所属事務所 ニュートラルマネージメント
出身地 広島県
生年月日 1991年5月8日
年齢 28歳(2019年9月時点)
星座 おうし座
血液型 A型
身長 170㎝
スリーサイズ B:80 W:59 H:85
足のサイズ 23.5
趣味 サッカー観戦
特技 バレーボール
好きな食べ物 お好み焼き
嫌いな食べ物 無し
好きなキャラクター スヌーピー

 

生まれた年が公開されていなかったけど、ブログの2013年5月9日の日記に22歳になりましたとのタイトルがあった

逆算すると1991年生まれということがわかる。

 

吉田友利恵さんの趣味はサッカー観戦でサンフレッチェ広島が好きみたいだよ。

地元愛だね。

やっぱり地元のチームを応援しなきゃね!

 

吉田友利恵の学歴は?

吉田友里恵さんの学歴に関する情報は無かった

このCMをきっかけに大ブレイクすれば、もしかしたら高校や大学がどこかが判明すると思う。

情報がわかれば更新していくね!

 

吉田友利恵さんは、2014年3月時点で東京に上京して2年が経とうとしているとの記述が

ブログにあった。

ということは、2014年3月時点で吉田友利恵さんはまだ22歳だ。

なので、少なくとも19~20歳くらいの時に東京に来ていることがわかる。

 

一般的にいえば、高校卒業と同時に上京するタイミングは18歳くらいなのでどうやらその時期ではないと思われる。

なので、確かなことは言えないけど高校卒業してすぐには上京した感じではなさそうだね。

おそらく高校は地元の広島なんじゃないかな?

 

赤ロングスカートの女性の出演作品

吉田友利恵さんは、今回アース製薬のトイレのスッキーリ!CM「ニオイ退治」篇に出演していたけど過去にはどんなものに出演していたかが気になるよね。

そこで、所属事務所を参考に過去の出演作品をご紹介していくよ!

マルコメ「ダイズラボ 大豆のお肉」(使ってみた! 篇)
小林製薬「女性薬 命の母ホワイト」(女子って 篇)
コスタクルーズ(感動の笑顔 篇)

出典:https://neutral-tokyo.com/models/yoshida

吉田友利恵さんは、高校卒業間近まではモデルになることを考えてなったんだって!

昔は人前に出ることができない人見知りだったみたい。

しかし、あるきっかけから広島のモデル事務所に入るとこになった。

あるきっかけが不明だ。

持ち前の負けん気で、必死にモデルの仕事をこなしコンプレックスだった身長が高いことも次第になくなっていった

その後、上を目指すために東京に上京して今の事務所に入った経緯がある。

 

吉田友里恵さんは、おもにCMで活躍している。

2019年もアース製薬トイレのスッキーリ!ニオイ退治」篇以外にも5本のCMに出演している。

近いうち何かのCMをきっかけに大ブレイクするかもしれないね!

 

まとめ

今回は、『トイレスッキーリCMの赤ロングスカートの女性の名前は?出演作品も!』問テーマでお伝えしてきましたがいかがでしたか?

トイレスッキーリCMの赤ロングスカートの女性の名前は、吉田友利恵さんでサンフレッチェ広島好きのモデルさんだったね。

吉田友利恵さんは、多数のCMに出演しているのでもしかしてらこのトイレスッキーリでで一躍有名になるかもしれないね!

最後までお読みいただきありがとうございました!