雑学

ソフトボールの起源はボクシンググローブとほうきだった!

ソフトボールの起源は、1887年にハーバード大学OBがエール大学OBの投げつけてきたボクシンググローブをほうきで打ち返したことです。

意外な歴史を知りたい方は、続きをご覧ください。

ソフトボールの起源は屋内

ソフトボールの起源はフットボールの試合後の意外な出来事です。

ファラガット・ボートクラブの体育館での一幕

1887年、アメリカシカゴのファラガット・ボートクラブの体育館でハーバード大学のOBとエール大学のOBのグループが、母校同氏のフットボールの試合を見ていました。

17-8でエール大学が勝利しました。

喜びのあまり、エール大学のOBがたまたま見つけたボクシンググローブをハーバード大学のOBに投げつけたのですが、ほうきで打ち返されました。

ルールや様式の原点はクリケット

この光景を見ていたハーバード大学OBのジョージ・ハンコックが閃きました。

ボクシンググローブを紐でくくりボールに、ほうきの柄を外してバットとして代用しました。

床には、チョークで通常の野球場のよりも小さい規模で体育館に収まるよに、ダイヤモンドを描きました。

このようにして、最初のソフトボールが誕生しました。

この時、野球に近いダイヤモンドやルールを基にしています。

ということは、野球も元々はイギリスのクリケットを参考にされているので、原点はクリケットということになりますね。

ちなみに、その日に行ったゲームは、80得点にもなったそうです。

ルールとリーグの設立

このゲームは屋内で気軽にできることから、シカゴから他の地域までインドアスポーツとして広まりました。

ハンコックはこのスポーツに夢中になり、数週間のうちにスポーツ用の大きなボールと細いバットを生み出しました。

ルールとリーグは1889年にボートクラブによって設立され、最初のリーグは1897年にトロントで始まりました。

最初に屋外で行われたのは消防署

ジョージ・ハンコックが考案したこのスポーツは、アメリカ全土に広まっていきました。

ミネソタ州のミネアポリスでは、特に人気がありました。

地元の消防署副官のルイス・ロバ―は、部下たちが休み時間に楽しめるよう空き地を使ってに小さなフィールドを設けました

これがソフトボールが最初に屋外でプレーされたと言われています。

そして、1900年にはチーム設立とこのゲームを『キッティンボール』と名付けました。

キッティンボール(Kitten)とは、おてんば娘という意味を持ち、女性でも楽しめるボールゲームという名前ですね。

ソフトボールの名称になったのは1926年

1900年にはキッティンボールと付けられましたが、1922年にはダイアモンドボール→マッシュボール、パンプキンボールと変遷してきました。

1926年、アメリカのコロラド州デンバーのYMCAのウォルター・ハカンソンがこの競技のアマチュア連盟創設の際の会議で『ソフトボール』という名称が考案されました。

1933年には無事にアマチュア・ソフトボール協会が設立されることとなり、シカゴのジャーナリストでだったL.Hフィッシャー氏が初代会長に就任しました。

そして、翌年には各地でバラバラだったソフトボールのルールを統一するために、これまでに関わっていた、アマチュア・ソフトボール協会とYMCA、アメリカ体育協会、全米大学競技協会が『ソフトボール合同委員会』を編成して標準化されたルールが制定されました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です