スポーツ

ラグビーワールドカップ2019持ち込み禁止のものは?観戦の注意点!

とうとうこの日がやってきたね!

ラグビーワールドカップが2019年に初めて日本で開催される。

ファンにとっては待望の出来事だし、ラグビーをあまり知らない人でもこれを機にラグビーに興味をもつことができるよね!

ラグビーワールドカップ2019は、オリンピック、サッカーワールドカップと並んで世界3大スポーツと言われているよね。

だから、今回初めてラグビー観戦に行く人重いると思う。

そこで、今回は『ラグビーワールドカップ2019持ち込み禁止のものは?観戦の注意点!』と題してお送りしていくよ!

興味のある方は、気軽に見ていってね!

ラグビーワールドカップ2019持ち込み禁止のもの

ラグビーワールドカップ2019が人生で初めてのラグビー観戦という方も多くいると思う。

しかし、ラグビーの観戦で持ち込みが禁止されているものってなんだからよくわわからないよね。

そこで、どんなものを持ち込んでいけないかをジャンルでまとめてみたよ。

 

飲食物

お弁当や、飲み物の持ち込みは禁止されている。

飲食コーナーがあるみたいだからそちらを楽しむのもいいかもしれないね!

例外として、医療目的に関してのものは許可されているよ。

 

危険物や武器

一般の人であれば、まず危ない武器(拳銃とかミサイル)なんて持っていないこととして話を進めていくね。

ラグビーワールドカップ2019見に行くのに、「よし!今日はラグビー観戦だから木刀持っていこう!」なんて発想にはならないし、何かのスポーツ観戦の際にそんなもの持ち歩いている人なんて僕は見たことがないな(笑)

拳銃とかもっていかないかもしれないけれど、サバゲ―とかエアガン、モデルガンが好きな方は結構いると思う。

観戦の時に持っていくバッグなどが趣味で使うものと共通していれば、モデルガンを入れたままにしてしまいがちになるので、家に置いていこう。

また、ナイフなども同様のことが言える。

キャンプが好きな方は、サバイバルナイフをツールとして持っているんじゃないかな?

だから、リュックサックなどの小さいポケットに常備していると思うのでチェックしておこう。

身近にある日用品で注意が必要なのは折りたたみではない普通の傘だ。

傘は、長いし細いのでトラブルがあった際に人を傷つけてしまうしそういた事件も起こったことがある。

 

無線機器

携帯着信妨害装置

無線傍受装置

トランシーバー

WiFi(無線LAN)ルータを含む

個人で使用する携帯電話や受信だけ可能なラジオは持ち込み可能だよ。

 

撮影機材・機器

意外と思われるかもしれないけど、カメラの三脚や一脚も持ち込み禁止だ。

危険物にもなるし、限られたスペースに置かれると他の方に迷惑だもんね。

それと、自撮り棒は注意!

女性なら多くの方が持っていると思う。

やっぱり、あれも後ろで見ている視界を遮ってしまうかもしれないからダメなんだろうね。

個人的に試合の映像を楽しむために、動画の撮影はいいけどYOUTUBEに流すための撮影はやめようね!

 

危険・迷惑行為になるもの

意外と迷惑になるのが大きめの帽子だ。

幅広のものだと後ろの人が見えないし、横の人にも圧迫感があり気を遣わせてしまうからキャップなどにしておこう。

その他詳しいことは、ラグビーワールドカップ2019 チケット規約で確認してね。

ラグビーワールドカップ2019観戦の注意点

ラグビーワールドカップ2019は、世界3大スポーツということで、国内外から多くの方が訪れる。

なので会場周辺は、交通規制などで混雑が予想される。

スタジアム入場の時に、手荷物検査やボディーチェックにかかる時間が1時間以上かかる場合も想定される。

時間に余裕をもって、キックオフ2時間前には入場ゲートに並んでおいた方がいいかもしれないね!

もう一つ注意しておきたいことが再入場ができないこと。

一度出てしまうとどんな理由があっても再入場ができない。

このことを頭に入れておこう!

まとめ

今回は、『ラグビーワールドカップ2019持ち込み禁止のものは?観戦の注意点!』と題してお送りしてきましたがいかがでしたか?

ラグビーワールドカップ2019持ち込み禁止のものは、基本的に飲食物や危険、迷惑なるものだったよね。

いろいろ細かいところは、公式ホームページにも書いてあるからそちらでも確認しておくといいかもしれないね。

ラグビーワールドカップ2019観戦で注意しておきたいのは、手荷物検査やボディチェックに時間がかかるの2時間前にゲートで並んでおきたいね。

それと、再入場はどんな理由でも不可能だから万全の準備をして入場しておこうね。