雑学

パージの意味は不要なものを切り離す!ITとマーケティングについて解説

パージの意味は、

不要なものを切り離す

ことです。

日本では、ITやマーケティングの分野で使われることが多いです。

この記事では、

・パージの基本的な意味

・ITやマーケティング分野でのパージとはどんなことか

についてお伝えしています。

興味のある方は、是非ご覧ください。

パージの基本的な意味

パージの日本での意味

結論から言うと、パージの意味は不要なものを切り離すです。

日本で使われるパージの意味は、以下の通りです。

日本のパージの意味
不要なデータやファイルを削除すること
プラスチック加工機などの内部のごみを取り除き洗浄すること
空気圧が動力源の機械の圧縮空気を廃棄すること
アニメなどでロボットやマシンなどの重装備を切り離すこと

このような意味になったのは、元々の英語のpurgeの意味から変化してきたからです。

purgeの意味と語源

パージは、英語のpurgeをカタカナで表記したものです。

purgeの語源と意味は以下の通りです。

意味 語源
清め落とす、洗い清める(罪や汚れ) purgare(ラテン語)
あがなう、償いをする(罪を)

語源であるpurgareは、purus+agereその意味は下記の通りです。

purusの意味 agereの意味
純粋 行う

以上より、根本的な意味はきれいにするということです。

なので、日本で使われている意味も最終的にはきれいにするということになりますね。

 

パージするの意味

日本でパージすると使われるのは、ITやマーケティング分野が多いです。

ITやマーケティング分野でのパージするの意味は、次の通りです。

IT分野での意味 マーケティング分野での意味
ファイルやデータなどを、まとめて削除すること ファイルやメーリングリストから、重複する名前や、リストへの登録を希望しない名前を識別して削除すること

また、IT分野ではソフトウェアかストレージ装置などの場合で対処が異なるケースもあります。

ソフトウェア
(データや保存領域の管理の文脈)
ストレージ装置など
不要・再入手可能なデータの削除
他の場所に移動させて空き領域を確保
完全に抹消して初期状態にする

 

パージのメリット

パージをすることでメリットが生まれます。

IT分野とマーケティング分野でのメリットは、以下の通りです。

IT分野 マーケティング分野
処理スピードの向上
作業効率UP
マーケティング施策の効率化

いずれも、不要なものを取り払い、作業や効率がよくなることが言えますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です