雑学

パイオニアの意味は開拓者!9つの例文と同義語14個も解説

パイオニアの意味は、

開拓者

です。

この記事では、

・パイオニアの意味と語源

・開拓者の意味

・パイオニアの使い方9つの例文

・パイオニアの類義語14個

についてお伝えしています。

興味のある方は、是非ご覧ください。

パイオニアの意味と語源

パイオニアの意味詳細

パイオニアは、英語のpioneerをカタカナ表記にしたものです。

pioneerの意味と語源は以下の通りです。

意味 語源
開拓者、先駆者、草分け peonier(古代フランス語)

パイオニアは、その分野に対して誰よりも早く、道を切り開いた人のことです。

pioneerは、動詞・形容詞としても使うことができます。

それぞれの品詞の意味は以下の通りです。

動詞 先頭に立つ、開拓する
形容詞 開拓者の、最初の

 

パイオニアの語源

英単語の「pioneer」の語源は、古代フランス語の「peonier」でした。

古代フランス語の「peonier」の意味と構成は、次のようになります。

意味 構成
歩兵 peon + eer

また、「peon」と「eer」の意味は以下の通りです。

peon
eer ~する人

歩兵の役割は、先陣を切って敵地に乗り込んでいきます。

そこから、敵地を切り開いてきます。

古代フランス語の「peonier」が次第に「pioneer」へと変化していきました。

そして、開拓者の意味として使われるようになりました。

開拓者の意味

パイオニアの意味は、開拓者でした。

開拓者の意味は、以下の通りになります。

意味
山や野原の開拓に携わる人
新しい領域を切り開く人

 

そして、開拓の過程は以下の通りです。

ステップ1 未開の地に入り込む
ステップ2 森を林に変える
ステップ3 農地や住居をつくる
ステップ4 社会基盤を整える(道路、鉄道、治水)

以上から、社会や街を形成していく初期過程を開拓と言います。

それが転じて、新しい分野やマーケットの拡大などの意味でも使われるようになりました。

 

パイオニアの使い方9つの例文

パイオニアの使い方の例文は、以下の通りです。

例文1 あの企業は、業界のパイオニアだ。
例文2 彼は、新しい販路パイオニアだ。
例文3 私の会社は、物流企業のパイオニアです。
例文4 彼は、次世代のパイオニア的存在です。
例文5 あの企業は、IT業界のパイオニア的存在だ。
例文6 あの人は、YouTuberのパイオニア的存在になった。
例文7 パイオニア精神を持って、業績を立て直したい。
例文8 先輩は、パイオニア精神に溢れている。
例文9 パイオニア精神でマーケットを拡大していきたい。

 

パイオニアの類義語14個

パイオニアと同じような意味を持つ14の言葉は、次のようになります。

旗振り役 新しい物事を始めた人のこと
生みの親 物事を最初に作り出した人
第一人者 その分野で一番優れた人
先駆となった偉大な男性
創設者 初めて設置した人のこと
創始者 ある物事を最初に始めた人
創業者 新しく企業などを創設した人
開祖 学問・学芸上の流派や宗教の創始者
元祖 物事を最初に始めた人
始祖 物事について、それのはじめであること。
鼻祖 中国で、胎生動物はまず鼻から形作られるとされたところから、最初に物事を始めた人のこと
他のものより先になること
フロントランナー 新しい分野や領域を切り開く人のこと
トップランナー その分野の第一線で活躍している人

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です