ワンオクジャパンツアー2018チケットの倍率は?競争率が低い日程は?

Sponsored Links

ONE OK ROCK(ワンオクロック)が2018年秋にオーケストラと共にライブを開催します!

題して、『ONE OK ROCK with Orchestra Japan Tour 2018』。

ワンオクといえば、世界ツアーを行い2017年のジャパンツアーでは32公演30万人どういんしていますね。

そんなワンオクジャパンツアー2018のチケット倍率はどれくらいなのか、競争率が低い日程があるのか気になることがあったので情報をまとめてみました。

Sponsored Links

ワンオクジャパンツアー2018の詳細は?

「ONE OK ROCK with Orchestra Japan Tour 2018」

《日程》
2018年10月20日(土)

《時間》
開場16:00開演17:00

《会場》
さいたまスーパーアリーナ

《日程》
2018年10月21日(日)

《時間》
開場15:00開演16:00

《会場》
さいたまスーパーアリーナ

《日程》
2018年10月30日(火)

《時間》
開場17:30開演18:30

《会場》
大阪城ホール

《日程》
2018年10月31日(水)

《時間》
開場17:30開演18:30

《会場》
大阪城ホール

開場は埼玉と大阪なので、関東の方はさいたまスーパーアリーナ、関西の方は大阪城ホールに流れますね。

4公演しかないので競争率は高いかもしれませんね

チケット倍率や競争率が低そうな日程は?

では、チケットの倍率について調べていきたいと思います。

今のところ情報としては、

・前売りチケット7,500円(税別)
・席種:アリーナスタンディング(ブロック指定/整理番号付)、スタンド指定
・アリーナスタンディング(未就学時入場不可)

ということが確認できています。

前売りの販売期間の情報はまだわかっていまんので情報が入り次第お知らせしたいと思います。

ワンオクは現在のところ公式のファンクラブはありません。

公式っぽいPLIMAL FOOTMARKという会員サイトはありますが。

そこでどれくらいの人数がいるのか不明なので、僕の想像で考えてみたいと思います。

『ONE OK ROCK 2017 “Ambitions” JAPAN TOUR』32公演30万人動員しています。

会場は以下の全国16箇所です。

・静岡エコパアリーナ
・和歌山ビッグホエール
・大阪城ホール
・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
・アスティとくしま
・日本ガイシホール
・神戸ワールド記念ホール
・さいたまスーパーアリーナ
・朱鷺メッセ
・幕張メッセ
・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
・横浜アリーナ
・マリンメッセ福岡
・沖縄コンベンションセンター
・熊本B.9 V1
・広島グリーンアリーナ

会場の規模等の諸事情は割愛しまして、1公演あたりに9,375人ですね。

おそらく、熱狂的なワンオクファンは会場がどこであろうとチケットを購入したいはずです。

30万人のうち30パーセントが熱烈なファンだとすると9,000人です。

そして、30万人のうちで自分の身の回りの環境が影響して全国どこでもいけないけど関西・関東エリアの会場であればいけるファンが50パーセントづつと仮定すると15万人ですね。

合計すると関東エリア関西エリアで159,000人ずつになります。

チケットを購入しようと思ったら家族や友人等にも協力を要請すると思うので単純に2倍します。

なのでチケットを購入しようと思う人は318,000人と仮定します。

各会場の倍率は以下のようになります。

・さいたまスーパーアリーナ

318,000人÷収容人数37,000人=8.59

8.59倍

・大阪城ホール

318,000人÷収容人数16,000人=19.88

19.88倍

そして、競争率が低い日程は平日に行われる大阪城ホールがねらい目だと思ったのですが、収容人数がさいたまスーパーアリーナに比べて少ないので、正直そこまで大差はないのかもしれません。

しかし、平日を狙った方が休みの取りにくい会社員の方はさいたまスーパーアリーナの方に行くと思うので大阪城ホールの方が可能性はあるかもしれません。

一番いい方法は、すべての公演にチャレンジするのがいいでしょう。

単純にチャンスが多くなりますからね。

まとめ

今回は、「ワンオクジャパンツアー2018チケットの倍率は?競争率が低い日程は?」というテーマでお伝えしてきました。

チケットの倍率はさいたまスーパーアリーナで8.59倍、大阪城ホールで19.88倍という算出結果になりました。

ただ、あくまで僕の憶測にすぎませんので参考程度にしていただけると幸いです。

また、ねらい目の日程は平日の大阪城ホールですが、こちらも確実にチケットが取れるということではありませんのでご注意を。

人気のワンオクライブなので、すべての日程にチャレンジした方がチャンスは多くなりますね。

チケット獲得のために頑張りましょう!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする