プール

ナイトプールcancam2018の混雑状況や当日券は?持ち物で必要なのは

人気雑誌のCanCamと東京プリンスホテルがコラボした
CanCamナイトプールはインスタ映え間違いなしということでかなり話題になりました。

 

また、期間限定でいろんなメーカーとコラボしているので来るたびにそのメーカー仕様の装飾が施されることもあって何度も足を運びたくなります。
その期間中はメーカーの化粧品等をお試しできるのも嬉しいですよね。

 

そんな人気のナイトプールCanCam2018の混雑状況や当日券の価格、必要な持ち物について調べてみました。

 

ナイトプールCanCam2018年の混雑状況

 

出典:https://cancam.jp/archives/416341

 

2017年のCanCamナイトプールは、7月8日(土)~9月17日(月・祝)の73日間で約20,000人の来場者だったそうです。

かなり盛況のようだったらしいですよ。

 

73日間で20,000人ということは、単純に日割り換算すると1日の来場者は約284人になります。
これで平日は基準より若干下回り、土日祝は下手をすると倍になるかもしれませんね。

 

1日で最も混雑する時間は?

ナイトプールCanCam2018年の営業時間は、18:00~21:00までの3時間です。
※最終受付は20:30となります。

オープンから3時間滞在する人もいれば、インスタ映え写真んを撮るだけ撮ったら帰る人もいると思います。
女子はインスタ映え大好きですからねー♪

 

なので、1時間で離脱する人が50%ほどいると仮定します。
1日の来場者が約284人なので、営業時間3時間で割ると1時間あたり約96人となります。

 

18:00~19:00  96
19:00~20:00  48人+96人=144人
20:00~21:00  48人+48人+96人=192人
となります。

なので、20:00~21:00の時間帯が一番混雑する可能性がありますね。
みんながみんな定時終わりではないので(学生さんもいると思いますが)残業して仕事が終わって来られるのがこの時間の方が多いですもんね。

 

ナイトプールCanCam2018年の当日券は?

CanCamナイトプールのチケットの購入方法は2種類あります。

1つは、ローソンチケットWEBサイトでの予約購入。

もう1つは、ローソン・ミニストップの店頭で直接ロッピーで購入することです。

 

しかし、2017年のナイトプールCanCamは多くの媒体で取り上げられて8月中は連日完売していたそうですよ!

なので、予約購入しておいた方が安全かもしれませんね。

 

2017年の販売時期は6月16日10:00だったので、おそらく2018年もこれくらいの時期に購入できるでしょう。

また、宿泊者優先のナイトプールCanCamのチケットもありますが、宿泊者用のチケットが上限になった場合は購入できないようですよ。

 

ナイトプールCanCam2018年の当日券の料金

女性 4,200
男性 6,000

決して安くはないですね・・・。

 

宿泊者の場合は、男女ともに2,000円で利用できるみたいです。
ただ、枚数に限りがあるので注意が必要のようです。

 

昨年は、お得なチケットが販売されていました。

 

オープン記念スペシャルデー
7/8(土)から10日(月)は女性限定で2,500円でした。
40%オフは安いですね!

カップルウィーク
7月11日(火)から17日(月)
男女各1名ペアチケット10,200円が8,000円になります。

女子会ウィーク
7月18日(火)から25日(火)

 

トリオチケット(女性3名)12,600が9,900
カルテットチケット(女性4名)16,800円が12,800
クインチケット(女性5名)21,000円が15,500

 

以上が昨年の7月5日に販売されました。
2018年も7月上旬に販売されそうですね。

 

ナイトプールCanCam2018年の持ち物で必要なものは?

水着
お気に入りの浮き輪(持ち込みOK)
スマホ(これがなきゃ意味がない!)
自撮り棒
タオル(着替えの際)
薄手の上着(体を冷やさないため)
防水スマホ入れ
ビニールバッグ

水着とスマホは必ずいりますよね。
忘れる人はまれだと思いますが(笑)

 

浮き輪やフロートは、ナイトプールCanCamのものがあるので、それで十分楽しめると思います。
むしろ、それがお目当てですからね!

 

持ち込みの場合でも空気入れがあるので係の人に尋ねてみてください。

 

自撮り棒も最悪忘れても大丈夫です。
日本人はマナーがいいので撮影スポットの順番待ちの際に後ろに並んでいる人がとってくれたり、スタッフの人や近くにいる人に頼めば嫌な顔をする人はあまりいないと思います。

 

出典:https://cancam.jp/archives/489720

 

ただ、人に頼んだりするが苦手な人は持って行った方がいいかもしれませんね。

 

ビニールバッグや防水のスマホケースは必要性が高いと思います。

ビニールバッグは、自分のタオルやメイク道具、薄手の上着を入れるのにちょうどいいと思います。
これも個人の判断でいいですけどね。

 

しかし、防水スマホケースは水の中に落としたり水しぶきがかかったりして故障の原因になるので持っていった方が安心だと思います。

 

 

まとめ

今回は、ナイトプールCanCam2018の混雑状況は昨年よりも多くなると予想されます。
なので早めに予約しておいた方がいいに越したことはありませんね。

 

持ち物は、スマホの防水対策をばっちりにしておけば安心してインスタ映え写真が撮れますね!

 

ナイトプールCanCam2018を楽しんでくださいね!!