プール

長島ジャンボ海水プール夏休み2018スライダーの待ち時間は?

日本でも屈指の人気を誇る長島ジャンボ海水プール!
人生で1度は行ってみたいですよね。

 

しかし、長島のジャンボ海水プールは夏休みになるとかなり混雑してしまいます。
平日でもこんなに人がいるの!?と驚いてしまうほどです。

 

そこで、今回は長島ジャンボ海水プール夏休み2018年スライダーの種類と
待ち時間について予想を立ててみました。

 

それと、少しでも待ち時間を減らす方法を調べたので参考になれば幸いです。

 

Sponsored Links

長島ジャンボ海水プールスライダーの種類と待ち時間は?

 

ブーメランツイスト

 

フリーフォールスライダー

高さ23m傾斜は60度で、もの凄いスピードで落ちていきます。
初体験の方は絶叫する声もしばしば聞こえてきます。

 

人気スライダーですので、勇気を出して滑ってみてはどうでしょうか?
病みつきになりますよ(笑)

 

ちなみに僕は無言で滑りました。
海水パンツはかなり食い込んでしまいます。

 

女性の方は注意してください。

 

身長制限は140㎝以上です。

 

高さ23m×長さ100mが2レーン、高さ18m×長さ90mが1レーンあります。

 

約10秒ほどで終わってしまします。
回転率は速いので夏休みは約30分待ちだと思います。

 

ウォーターチューブ

円筒状のスライダーで、寝そべったまま滑ります。
左右に大きく弧を描いているので、急旋回します。

 

また、真ん中は真下に急降下します。

 

中学生以上の制限になっています。

 

長さ21mが2レーンと急降下の15mレーンなので1人滑るのに数秒程度でしょう。
こちらも夏休みの待ち時間は30分かからないと予想します。

 

サーフヒルスライダー

専用マットに腹ばいになって滑り降ります。
コースに2か所コブがあるので飛び越えていきます。

 

ちなみに僕は、スタートの時マットを放してしまったので生身身で
滑ってしまうという恥ずかしい体験をしました(笑)

 

身長130㎝以上で年齢55歳まで。体重は80㎏までの制限になっています。

1度に10人滑られるので人気スライダーよりは時間がかからないと思います。
夏休みの待ち時間は20分程度でしょうか。

 

 

ワイルドリバー

浮き輪に乗って幅の広いスライダーを滑っていきます。
激しいところと緩いところがあるのでラフティングの浮き輪バージョンのような感じですね。

 

Aレーンは130㎝以上、Bレーンは130㎝以上で体重80㎏までの制限です。

 

長さ150メートルが2レーンあります。
緩やかなところと激しいところを考慮すると夏休みの待ち時間は45分ほどでしょうか。

 

ブーメランツイスト

6人乗りの超人気スライダーです。
六人乗りなので大きなゴムボートです。

 

高さ25mから傾斜68度で地上から20mある壁に向かって急降下と急上昇を繰り返します。
壁のあとには横揺れの激しいツイストゾーンが待ち構えています。

 

身長制限は120㎝以上です。

行列必至です!!
夏休みの待ち時間は1時間を平気で越えてしまいます。
熱中症にご注意を。

 

スパイラルスライダー

いたるところで曲がりくねっちゃっています。
方向感覚が失われそうになりますよ。

 

酔いやすい方は、やらない方がいいかもしれませんね。

 

120㎝以上の方は、高さ17m、14m、8mが滑れます。
110㎝以上120㎝未満の方は、高さ8mまでです。

比較的小学生が多いと思われます。
夏休みの待ち時間は30分はかからないでしょう。

 

UFOスライダー

15mのチューブを抜けると、直径8mのUFO型というか蟻地獄に旋回しながら落ちていきます。

落ちた後のプールが深くて面白いです。

 

身長制限は、120㎝以上です。

 

割と空いているイメージがあります。
夏休みの待ち時間は20分はかからないでしょう。

 

ビッグワンスライダー

4人乗りのボートに乗って、高さ25m、240mを下っていきます。
こちらもラフティングをしているような感覚ですね。

 

ブーメランツイストと二分する人気があります。

 

120㎝以上の身長制限があります。

 

人気スライダーなので行列は覚悟しなければなりません!
夏休みは1時間待ちは想定しておきましょう。

 

トルネードスライダー

スパイラススライダーの進化版!
6種類12レーンとバラエティに富んでいます。

 

長さは160~245mとコースによりまちまちなのですべてのコースを制覇したいですよね。
バラエティさがゆえに人気のスライダーですね。

 

身長制限は120㎝以上です。

こちらも人気スライダーなので、夏休みの待ち時間は1時間待ちは避けられないでしょう。

 

長島ジャンボ海水プール人気スライダーの待ち時間短縮法

上記は待ち時間の大体の予想を立てました。
ですが、この限りではありません。

 

特にお盆の時はもう・・・・。
倍の時間を想定した方がいいかもしれません。

 

そこで、あまり待たずにスライダーを乗りたい方にお勧めの方法をご紹介したいと思います。

 

それは、簡単です!
雨の日に行けばいいです。

雨の日だと空いている可能性が非常に高いということ。
これは長島リゾートの公式ホームページでも掲載されています。

 

参考:http://www.nagashima-onsen.co.jp/spaland/pool/qa.html/

 

雨の日なら日焼けの心配もあまりしなくていいですしね。

しかし、家族の都合で自由に雨の日を選べない場合もあります。

そんな時は、スライダー滑走優先券を購入しましょう!
優先券というかリストバンドですけどね。

 

 

メリットは、ブーメランツイスト、ビッグワンスライダーが

ほとんど待たずに遊べることです。

しかし、デメリットは1回1,000円ということとブーメランツイストビッグワンスライダーでしか使えないということです。

 

お金が腐るほどあれば何回も利用できますが、1回1,000円だと何回もリピートしたらすごい金額になってしまいそうですよね。

それに、優先の対象がブーメランツイストとビッグワンスライダーの2種類だけなので効率よく回れないですよね。

 

でも、早く乗りたければ1度使うのは全然ありだと思います。

まとめ

いかがでしたか?
人気スライダーは待ち時間が1時間かそれ以上かかると思われます。
それ以外は、30分~1時間以内という予想です。

 

お盆はとてつもないほど人が来るので関東の有名テーマパークのアトラクションに
並ぶ覚悟で臨んだ方がいいです(笑)

 

雨の日の利用は、公式ホームページにも掲載されているのでお勧めです。
また、スライダー優先券は安くはないですが2種類のスライダーに1回ずつ使うのはありだと思います。

 

1,000円を高いか安いか考えるのはあなた次第です。

また、縮小できた時間を何に使うかもあなた次第なので十分に計画を練った方がよさそうですね。