高校野球大阪府大会2018夏の優勝候補を予想!注目の高校はここ!

Sponsored Links

2018年高校野球は100年を迎える記念の年を迎えます。
未来ある高校生の可能性を潰さないためにくだらない伝統や度を越えた練習などの悪い習慣がなくなってくれればいいですね。

前回の第99回大会では、184校の176チーム(合同チームがあるため)で
甲子園に駒を進めたのが大阪桐蔭でしたね。

今年は記念大会なので、大阪は枠が1つ拡大されます。
したがって、北大阪と南大阪に分かれて甲子園をかけた戦いが繰り広げられます。

今年は、どのチームが北大阪と南大阪の頂点に立つのでしょうか?

そこで今回は、2018年夏の高校野球大阪府大会の注目校と優勝候補を予想したいと思います!

Sponsored Links

2018年夏の大阪府大会の注目校

それではさっそく2018年夏の大阪府大会の有力校について見ていきましょう。

北大阪と南大阪でそれぞれ紹介していきますね。

出典:https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/photo/AS20171128004697.html

北大阪

履正社

1987年春、岡田龍生氏が監督に就任しました。
1997年夏に甲子園初出場しました。

10年で甲子園に導いたのはすごいことですよね。

しかし、2度目の甲子園は9年の時を費やしました。
自身の厳しく激しく追い込む指導法にに行き詰まりを感じたそうです。

行き過ぎた指導で2002年に謹慎処分を受けました。
その際に、岡田監督は指導の仕方を変えようと決めたそうです。

選手たちがグラウンドの内外でも自分で考えて行動できるように徹底したようです。

練習では、ランナーをつけて実践に近い練習を行う。
攻撃と守備で様々なケースが想定できるからです。

紅白戦では、バッターが自らサインを出します。
実践で状況判断ができるようになるためです。

こうして履正社の走攻守プラス“頭”の4拍子を鍛えて
バランスの良い最大の持ち味が形成されました。

2度目の甲子園に出場したのは2006年。
それから10年間の間に7回も甲子園に出場しています。

今では、大阪桐蔭と並ぶ強豪となりましたね。

大阪桐蔭

1991年に甲子園初出場しています。
その初出場で初優勝しているのがすごいところです。

夏の甲子園出場回数は通算9回です。
意外と少ないことに驚きました。
知名度は全国レベルなのでもっと甲子園に出ているかと思いました。

しかし、もっと驚きなのは甲子園優勝回数。
9回出場していてなんと4回です!

これってすごい確率ですよね。
甲子園に行くもの難しいのに、4割の確率で優勝してしまうなんて。

今年の大阪桐蔭は、黄金世代と呼び声高いですよね。

その中で、僕が気になるのは根尾昴君です。
大谷2世とも呼ばれていますよね。

それもそのはず!
投げては、MAX148㎞/hで打っては選抜で5割以上の打率をマーク。
そしてショートでの華麗な守備。

二刀流どころか三刀流とも言われていますね。
三刀流で有名なのは某人気漫画のゾ〇ですよね。

それを超える活躍を期待しています!

南大阪

南大阪は、混戦が予想されますよね。
大阪桐蔭と履正社の2強が北大阪に振り分けられたため
近大付興國上宮太子大阪商大堺大体大浪商東大阪大柏原あたりに
チャンスがあるのではないでしょうか。

2018年夏の高校野球大阪府大会の優勝候補は?

2017年大阪府大会結果

優勝   大阪桐蔭
準優勝  大冠
ベスト4  上宮、履正社
ベスト8  春日丘、大体大浪商、汎愛、興國

2016年大阪府大会結果

優勝   履正社
準優勝  金光大阪
ベスト4  関西創価、桜宮
ベスト8  近大泉州、浪速、吹田、交野

2015年大阪府大会結果

優勝   大阪偕星学園
準優勝  大体大浪商
ベスト4  大冠、大阪産大附
ベスト8  大阪桐蔭、堺東、汎愛、PL学園

2014年大阪府大会結果

優勝   大阪桐蔭
準優勝  PL学園
ベスト4  関大北陽、履正社
ベスト8  明星、枚片津田、大体大浪商、上宮

2013年大阪府大会結果

優勝   大阪桐蔭
準優勝  履正社
ベスト4  東大阪大柏原、関西創価
ベスト8  桜宮、上宮太子、東海大仰星、関大北陽

また、ここ最近の2大会を調べてみました。

2017年秋季近畿地区高校野球大会大阪府予選結果

優勝   大阪桐蔭
準優勝  履正社
3位    近大附
4位    興國
ベスト8  箕面学園、大阪商大堺、池田、大塚

2018年春季近畿地区高校野球大会大阪府予選結果 

優勝   大阪桐蔭
準優勝  関大北陽
ベスト4  初芝立命館、大体大浪商
ベスト8  近大泉州、東大阪大柏原、寝屋川、吹田

以上の結果を踏まえて、北大阪と南大阪の優勝候補は
北大阪は大阪桐蔭で南大阪は大体大浪商だと思います。

まとめ

あなたの好きな高校はありましたか?

今回は、2018年夏の高校野球大阪府大会について注目したい高校や
優勝予想をしてみました。

北大阪は、2強がいるので大阪桐蔭か履正社が濃厚で南はずば抜けて強いところがないので
どこにでもチャンスがあるといえますね。

僕としては、世間の下馬評をひっくり返して驚かせてくれるチームが出てきてくれるのを期待しています!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする