雑学

【愛知県】稲生町の読み方は「いのうちょう」 地名の由来についても解説

名古屋市西区の稲生町の読み方は、

いのうちょう

です。

この記事では、

・稲生町の読み方

・稲生町の由来

についてお伝えしています。

興味のある方は、是非ご覧ください。

稲生町の読み方

冒頭でお伝えした通り、稲生町の読み方は「いのうちょう」です。

稲生町には、安産祈願で有名な式内社の伊奴(いぬ)神社があります。

伊奴(いぬ)神社は、1330年以上の長い歴史を持つ神社です。

稲生町の地名には、伊奴神社が深く関わっているともされています。

 

稲生町の由来4つの説

稲生町は、「いのうちょう」と読むことがわかりました。

では、どのような経緯で稲生となったのでしょうか。

稲生町の由来として4つの説は以下の通りです。

稲生町の由来① この地では、白鳳期(645~710年)に稲栽培を始めた。
その頃に、伊奴神社の氏神として大年神(おおとしのかみ)を迎えて祈ったことから稲生とした。
稲生町の由来② 天武天皇(673~686年)に稲を献上した時に、伊奴神社が建てられたとされており、それにちなんで稲生となった。
稲生町の由来③ この地は、もともと低湿地の水辺であり、藺沼(いぬま)という沼地だった。
それが、藺沼(いぬま)から伊奴(いぬ)、稲生と変化していった。
稲生町の由来④ 伊奴(いぬ)は犬と読み方が同じで連想するので、それを避けるために稲生と表記を改めました。

大年神(おおとしのかみ):素盞鳴尊(すさのおのみこと)の子供で農作物の神とされ、「年」は稲のことを指します。

このように、稲生は伊奴神社や稲に関係しているということがわかりますね。

稲生町と伊奴神社の位置図

  • 稲生町

都道府県 愛知県
市町村 名古屋市西区
郵便番号 454-0012

 

  • 伊奴神社

住所 愛知県名古屋市西区稲生町2丁目12
電話番号 052-521-8800
HP https://inu-jinjya.or.jp/access/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です