雑学

イノセントの意味は潔白な状態なこと!実はローマ教皇の名前でもある

イノセントの意味は、

潔白な状態

のことです。

この記事では、

・イノセントの意味と語源

・イノセントは男性の名前

・イノケンティウスはローマ教皇の名前

についてお伝えしています。

気になる方は、是非ご覧ください。

イノセントの意味と語源

イノセントの意味

イノセントは、英語のinnocentをカタカナで表したものです。

その意味と語源は以下の通りです。

意味 語源
潔白な、無罪の、純潔な、無邪気な innocere(ラテン語)

以上の意味から、音楽のタイトルにつけられていることが多いです。

イノセントの語源

「innocent」の語源は、ラテン語の「innocere」でした。

「innocere」の構成は、in+nocereとなります。

それぞれの意味は次の通りです。

in 否定
nocere 傷つける、害がある

傷つける+否定=傷つけないということから、無害が成り立ちます

そこから、現在使われている意味へと変化してきました。

 

イノセントは男性の名前

「innocent」は、潔白という意味がありました。

実は、「innocent」はイノケンティウスというラテン語の男性の名前でもあるんです。

また、イノケンティウスという名前は、英語も含めて7か国語で表記されます。

以下が、各言語のイノケンティウスの表記です。

ラテン語 Innocentius(インノケンティウス)
英語 Innocent(イノセント)
ドイツ語 Innozenz(イノツェンツ)
フランス語 Innocent(イノサン)
イタリア語 Innocenzo(インノチェンツォ)
スペイン語 Inocencio(イノセンスィオ)
ロシア語 Иннокентий / Innokentii(インノケーンティー)

 

イノケンティウスはローマ教皇の名前

イノケンティウスは、ラテン語の男性の名前でした。

イノケンティウスは、ローマ教皇の名前としても知られています。

ローマ教皇に選出され、受諾すると名前を決めます。

この名前を付ける習慣は、11世紀頃からだと言われています。

イノケンティウスの名を使った歴代のローマ教皇は以下の通りです。

歴代のイノケンティウス 本名 任期
インノケンティウス1世 ーーー 401年~417年
インノケンティウス2世 グレゴリオ・パパレスキ 1130年~1143年
インノケンティウス3世
(対立教皇)
ランツォ・ディ・セッツァ 1179年~1180年
インノケンティウス3世 ロタリオ・ディ・コンティ 1198年~1216年
インノケンティウス4世 シニバルド・フィエスキ 1243年~1254年
インノケンティウス5世 ピエール・ド・タランテーズ 1276年1月21日~1276年6月22日
インノケンティウス6世 エティエンヌ・オベール 1352年~1362年
インノケンティウス7世 コジモ・デ・ミリョラーティ 1404年~1406年
インノケンティウス8世 ジョヴァンニ・バッティスタ・チーボ 1484年~1492年
インノケンティウス9世 ジャン・アントニオ・ファッキネティ 1591年10月29日~1591年12月30日
インノケンティウス10世 ジョヴァンニ・バッティスタ・パンフィーリ 1644年~1655年
インノケンティウス11世 ベネデット・オデスカルキ 1676年~1689年
インノケンティウス12世 アントニウス・ピニャテッリ 1691年~1700年
インノケンティウス13世 ミゲーレ・アンジェロ・コンティ 1721年~1724年

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です