雑学

【ゴルフ】鳥がスコアの由来は小鳥が飛んでいるように見えたこと 

ゴルフのスコアで、鳥の名称が使われいる由来は、パー(標準打数)を初めて下回った時に、

「Flew like a bird.(まるで小鳥が飛んでいるように見えた)」

と言われたことです。

この記事では、

・ゴルフで鳥の名称が使われている由来

・ゴルフで鳥のスコア以外にまつわるもの

をお伝えしています。

興味があればご覧になって下さい。

ゴルフスコアで鳥の名称が使われている由来

ゴルフで最初に鳥が使われたのは、1903年でした。

それまで、誰も果たせなかったパー(標準打数)が破られました。

その時、「flew like a bird.(まるで小鳥が飛んでいるように見えた)」というエピソードが由来です。

鳥の名称 スコア 由来
バーディ(小鳥) -1 まるで小鳥が飛んでいるように見えた問エピソードから英語の幼児語で小鳥を意味するバーディと呼ばれるようになった。
イーグル(鷲) -2 小鳥よりも強いことから、バーディよりいい意味で使われるようになった。
アルバトロス(アホウドリ) -3 ずば抜けた飛行能力を持ち、渡り鳥の中で一番大きいという特徴からイーグルよりも良い意味で使われるようになった。
コンドル(鷹) -4 飛べる鳥の中で一番大きいので、アルバトロスより良いという意味で使われた。

 

スコア以外に鳥にまつわるもの

ゴルフでは、スコア以外にも鳥にまつわるものがあります。

それは、以下の通りです。

  • 鳥かご
  • 鳥に当たる
  • 鳥のブランド

鳥かご

ゴルフで鳥かごとは、防球ネットで囲われたゲージのことを指します。

野球のバッティングゲージのようなものですね。

主にゴルフの練習のに使用します。

 

鳥に当たる

ゴルフでは、プレー中に鳥に当たるということも稀に発生します。

2015年のアメリカ女子ツアー最終戦CMEツアー選手権3日目のときでした。

宮里美香さんが、ドライバーで打ったティーショットが飛んでいた鳥に当たってしまいました。

この場合、ゴルフのルール(19-1)が適用されます。

簡単に言うと、動いているボールが止められたり方向を変えられても、そのままプレーしなければいけません。

 

鳥のブランド

ゴルフのブランドで鳥のマークで有名なブランドは、ルコックスポルティフです。

ルコックスポルティフの変遷は、以下の表になります。

1882年 エミール・カミュゼによって創業
1948年 ルコックスポルティフが誕生
1950年 ルコックスポルティフを象徴させる三角形のロゴが登場
1951年 ツールド・フランスで初めてルコックスポルティフのウェアが採用
12チームにウェアを提供
1965年 サッカー、バスケットボール、ラグビーなどのフランスチャンピオンチームがルコックスポルティフのウェアを着用
1966年 ツール・ド・フランスでロゴマークをウェアにつけることが認められる
1968年 輸出のためにシンプルなロゴを開発
1975年 現在のロゴマークとなる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です