ドラフト会議

ドラフト会議2018速報!指名競合や回避はある?選手や順位も

2018年10月25日の今日は運命の日ですね。

 

今年は、豊作の年で特に夏の甲子園を沸かせた選手たちがかなり注目を集めていますよね。

 

大阪桐蔭の根尾昴くんは複数競合必至!ジャイアンツが指名を公表したことにより他の球団の戦略が変わってくるかもしれませんね。

 

また、金農旋風の立役者である吉田輝星くんもプロ入りを表明したことで各球団も獲得に乗り出してくるかもしれません。

 

そこで、ドラフト会議2018速報として注目選手の指名競合や回避はあるのかどうか12球団の指名選手や順位も随時更新していきますので、興味のある方は是非見ていってくださいね。

 

Sponsored Links

 

ドラフト会議前の各球団の1位指名予想

ドラフト会議前に、各球団の1位指名を予想していきたいと思います。

 

セントラル・リーグ

広島東洋カープ

小園海斗(報徳学園高)

 

東京ヤクルトスワローズ

根尾昴(大阪桐蔭)

 

読売ジャイアンツ

根尾昴(大阪桐蔭)

 

横浜DNAベイスターズ

根尾昴(大阪桐蔭)

 

中日ドラゴンズ

根尾昴(大阪桐蔭)

 

 

阪神タイガース

根尾昴(大阪桐蔭)

 

 

 

パシフィック・リーグ

埼玉西武ライオンズ

松本航(日本体育大)

 

 

福岡ソフトバンクホークス

小園海斗(報徳学園高)

 

 

日本ハムファイターズ

根尾昴(大阪桐蔭)

 

オリックス・バファローズ

小園海斗(報徳学園高)

 

千葉ロッテマリーンズ

藤原恭大(大阪桐蔭)

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

根尾昴(大阪桐蔭)

 

 

巨人、ヤクルト、中日は根尾昴(大阪桐蔭)くんの指名を明言しています。

 

他の根尾くんを1位指名しようとする動きですが、もしかすると他の球団は吉田輝星(金足農業)の一本釣りを狙いに行くかもしれませんね。

 

特に、日本ハムは菅野智之投手や大谷翔平選手は他の球団に行く気がないのに強行指名をしました。

 

日本ハムはその年で一番の選手を獲得しにいくのでとても貪欲ですね。

 

それを踏まえると、吉田くんも逸材なので1位指名をする可能性も大いにあるかもしれませんね。

 

各球団の指名選手と順位

各球団の指名した選手と順位をお知らせします!

 

セントラル・リーグ

 

広島東洋カープ

1位 小園海斗 確定

2位 島内颯太郎

3位 林晃汰

4位 中神拓都

5位 田中法彦

6位 正随優弥

7位 羽月隆太郎

育成1位 大盛穂

 

 

東京ヤクルトスワローズ

1位 根尾昴→上茶谷大河→清水昇

2位 中山翔太

3位 市川悠太

4位 浜田太貴

5位 坂本光士郎

6位 鈴木裕太

7位 久保拓真

8位 吉田大成

育成1位 内山太嗣

育成2位 松本友

 

 

読売ジャイアンツ

1位 根尾昴→辰巳涼介→高橋優貴

2位 増田陸

3位 直江大輔

4位 横川凱

5位 松井義弥

6位 戸郷翔征

育成1位 山下航汰

育成2位 平井快青

育成3位  沼田 翔平

育成4位  黒田 響生

 

 

横浜DNAベイスターズ

1位 小園海斗→上茶谷大河 確定

2位 伊藤裕季也

3位 大貫晋一

4位 勝又温史

5位 益子京右

6位 知野直人

育成1位 宮城滝太

 

 

中日ドラゴンズ

1位 根尾昴

2位 梅津晃大

3位 勝野昌慶

4位 石橋康太

5位 垣越建伸

6位 滝野要

 

 

阪神タイガース

1位 藤原恭大→辰巳涼介→近本光司

2位 小幡竜平

3位 木浪聖也

4位 斎藤 友貴哉

5位 川原陸

6位 湯浅京己

育成1位片山雄哉

 

 

パシフィック・リーグ

 

埼玉西武ライオンズ

1位 松本航

2位 渡辺勇太朗

3位 山野辺翔

4位 粟津凱士

5位 牧野翔矢

6位 森脇亮介

7位 佐藤龍世

育成1位 東野葵

育成2位 大窪土夢

育成3位 中熊大智

 

 

福岡ソフトバンクホークス

1位 小園海斗→辰巳涼介→甲斐野央

2位 杉山一樹

3位 野村大樹

4位 板東湧梧

5位 水谷瞬

6位 泉圭輔

7位 奥村政稔

育成1位 渡辺陸

育成2位 岡本直也

育成3位 重田倫明

育成4位 中村宜聖

 

 

日本ハムファイターズ

1位 根尾昴→吉田輝星

2位 野村佑希

3位 生田目翼

4位 万波中正

5位 柿木蓮

6位 田宮裕涼

7位 福田俊

育成1位 海老原一佳

 

 

オリックス・バファローズ

1位 小園海斗→太田椋 確定

2位 頓宮裕真

3位 荒西祐大

4位 富山凌雅

5位 宜保翔

6位 左沢優

7位 中川圭太

育成1位  漆原大晟

 

 

千葉ロッテマリーンズ

1位 藤原恭大

2位 東妻勇輔

3位 小島和哉

4位 山口航輝

5位 中村稔弥

6位 古谷拓郎

7位 松田進

8位 土居豪人

育成1位 鎌田光津希

 

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

1位 藤原恭大→辰巳涼介

2位 太田光

3位 引地秀一郎

4位 弓削隼人

5位 佐藤 智輝

6位 渡辺佳明

7位 小郷裕哉

8位 鈴木翔典

育成1位 清宮虎多朗

育成2位 則本佳樹

 

まとめ

今回は、「ドラフト会議2018速報!指名競合や回避はある?選手や順位も」というテーマでお伝えしてきました。

 

注目の根尾昴くんは4球団競合し、抽選で中日ドラゴンズが交渉権を獲得しました。

また、小園海斗くんも根尾くんと同じく4球団競合し広島に決まりました。

 

金足農業の吉田輝星くんはハズレ1位で日本ハムが単独指名という形になりました。

 

指名された選手皆さんにプロ野球という舞台で活躍してほしいですね。