ドラフト会議

ドラフト2018藤原恭大を指名球団を予想!評価や順位は何位?

2018年の夏の甲子園は、大阪桐蔭が初の2度の春夏連覇で幕を閉じましたね。

 

そんな大阪桐蔭のメンバーには、プロ注目の選手がなんと7人もいます。

 

もはや、プロ野球選手養成所と言っても過言ではないかもしれませんね(笑)

 

スター軍団の中でも、高校野球U-18日本代表に2年連続で選出されている藤原恭大くんがドラフト2018で指名球団と順位を予想したりスカウトの評価をまとめてみたので気になる方は見ていってくださいね。

 

藤原恭大の経歴

《高校》
大阪桐蔭

 

《経歴》
大阪府豊中市出身。

 

園和北フレンズで野球を開始して、小学6年生の時にオリックスジュニアでプレーしていました。

 

豊中市立第五中学校では強豪の枚方ボーイズに入りボーイズ選手権では3度優勝しています。

 

大阪桐蔭では1年生の時からセンターでレギュラーになっています。

 

2018年の夏の甲子園では3本のホームランを放っていますね!

 

また、2017年と2018年の2年連続で高校野球U18日本代表に選出されています。

 

ドラフト2018藤原恭大を指名球団を予想してみた!

それでは、大阪桐蔭の藤原恭大くんを指名する球団を予想していきたいと思います。

 

僕は、以下の球団が藤原恭大くんを指名する可能性が高いのではないかと考えていますね。

 

千葉ロッテマリーンズ

 

東京ヤクルトスワローズ

 

横浜DNAベイスターズ

それでは指名のポイントを確認していきますね!

 

千葉ロッテマリーンズ

ロッテの外野手は、荻野貴司選手や角中勝也選手が30代に入って年齢層が上がってきています。

 

『足を使った攻撃』を理想としている井口監督の野球を実現できる主力になる選手の確保が必要です。

 

8月のスカウト会議では、1位指名候補は十数人に絞られているそうですがその中に藤原恭大くんも入っている可能性が高いとの情報があります。

 

指名順位予想1位

 

東京ヤクルトスワローズ

ヤクルトもロッテと同じように外野手の年齢層が高くなりつつあります。

 

外野のレギュラーは、青木宣親選手、坂口智隆選手、雄平選手の年齢は35歳以上になります。

 

なので、必然的に若くていい素材を持っている選手が必要になってきます。

 

8月のスカウト会議では、高校生候補の中に藤原恭大くんも含まれていて上位指名候補にもなっている可能性が高いと噂されています。

 

指名順位予想1位

 

横浜DNAベイスターズ

この数年間は、大卒選手である今永昇太投手、濱口遥大投手、東克樹投手がルーキーイヤーでもチームに大きく貢献していました。

 

しかし、2018年シーズンは先発投手が不調で即戦力となる大学生や社会人ピッチャーの獲得がメインになる可能性が高そうですね。

 

それと、筒香選手のようなベイスターズの顔でメインになる選手の獲得もしなければいけません。

 

2018年の夏の甲子園には高田繁GMが足を運んで視察し、外野手の藤原恭大くんを高く評価しているみたいです。

 

指名順位予想2位

 

 

藤原恭大のスカウト評価は?

藤原恭大くんのスカウトの評価は高いですね。

 

評価をまとめてみると、

 

走攻守ハイレベルで強肩も魅力

 

打ち損じが少なく対応力が高い

 

大舞台で力が発揮できる

 

という印象が多いです。

 

池山隆寛さん、石井一久さんなど高校生のダイヤの原石を発掘してきた片岡宏雄さんは、藤原恭大君は阪神の糸井選手にイメージが重なると仰っていたようです。

 

トリプルスリーを狙えるタイプで高校時代の糸井選手と比べると藤原恭大くんの方がレベルは上と評価されています。

 

かなりスカウトの方たちから高評価を得ていますね。

 

まとめ

今回は、「ドラフト2018藤原恭大を指名球団を予想!評価や順位は何位?」というテーマでお伝えしてきました。

 

藤原恭大くんを指名する球団は、千葉ロッテマリーンズ、東京ヤクルトスワローズ、横浜DNAベイスターズの3球団が指名すると予想します。

 

そして、指名順位は千葉ロッテマリーンズは1位、東京ヤクルトスワローズは1位、横浜DNAベイスターズは2位の予想です。

 

しかしながら、今年のドラフトは逸材ぞろいなので球団側の駆け引きも興味がありますね。

 

藤原恭大くんがどの球団に行くかとても楽しみですね。