雑学

ドラフトの意味は下書き!5つの例文と5つの質問も解説

ドラフトの意味は、

下書き

です。

特にビジネスシーンで使われることが多いです。

この記事では、

・ドラフトのビジネスでの基本的な意味

・ドラフトの使い方5つの例文

・ドラフトに関するよくある質問

についてお伝えしています。

興味のある方は、是非ご覧ください。

ドラフトのビジネスでの基本的な意味

ドラフトは、英語のdraftをカタカナ表記にして使われています。

ドラフト(draft)のビジネスでの基本的な意味は、以下の通りです。

ドラフトの意味
下書き

これは、ドラフト(draft)の語源である「dreg」の意味の引く、引っ張るに由来します。

下書きは、文字でも絵でも共通することは、線を引くことです。

下書きを細分化すると複数の意味があります。

下書きの細分化した意味
下書き 草案
未完成の企画
未完成の規則

 

ドラフトの使い方5つの例文

ビジネスシーンでのドラフトの使い方の例文は次の通りです。

例文1 取引先からのメールに、「契約書のドラフト」というタイトルのファイルが添付されていた。
例文2 打ち合わせ資料を、明日までにドラフトでいいから作っておいてね!
例文3 この書類はまだドラフト版なので、チェックをしてから提出します。
例文4 契約書のドラフトの条件は、うちとしては厳しいものだ。
例文5 企画書のドラフトに目を通しておいてね!

基本的にドラフトは、下書きを意味しています。

ドラフトに関する5つの質問

質問1:契約書のドラフトとはどんな意味ですか?

契約書のドラフトとは、正式に署名や押印をする前の段階のものになります。

簡単に言うと、契約書の「原案」や「草案」です。

質問2:Draftの意味はメールでどんなことですか?

メールのソフトやバージョンによっては、フォルダなどに「Draft」と表示されていることがあります。

メールの場合の「Draft」も「下書き」を意味します。

なので、下書き状態のものが保存されます。

 

質問3:ドラフト版とはどういう意味ですか?

ドラフト版も簡単に言えば下書きという意味です。

契約書や資料の正式なものではなく、改善や見直しが必要になるものです。

 

質問4:ドラフトの対義語は何ですか?

ドラフトの対義語は、清書や最終原稿、正規版、正式版です。

ドラフト、つまり下書きで確認をして、修正されたものが清書や正規版になります。

 

質問5:ドラフト案の意味は何ですか?

ドラフト案とは草案を意味します。

草案は、文章や規約、規則、法律などの原案及び下書きのことです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です