雑学

【地名】大幸の読み方は「だいこう」4つの由来も解説

大幸の読み方は、

だいこう

です。

この記事では、

・大幸の読み方

・大幸の4つの由来と変遷

についてお伝えしています。

興味のある方は、是非ご覧ください。

大幸の読み方

大幸の読み方は、「だいこう」です。

もともとは、大幸町(だいこうちょう)でしたが、昭和59年一部が大幸南(1〜4丁目)と砂田橋(1~5丁目)となりました。

そして、昭和62年には現在の大幸(1〜4丁目)と矢田東になりました。

 

大幸の4つの由来と変遷

大幸の4つの由来

大幸の4つの由来は以下の通りです。

大幸の由来1.
大河が転じた
矢田川左岸に位置していることもあり、『大河』が転じた
大幸の由来2.
醍醐森が転じた
醍醐森が近くにあったため、森が省かれて転じた
大幸の由来3.
山の幸が豊か
南に位置する上野村が山の幸が多い土地だったため
大幸の由来4.
アイヌ語のタイコ
「タイコ」というアイヌ語が森から離れた場所を意味するため

 

大幸の変遷

大幸の変遷は以下の表の通りです。

1880年 西春日井郡に所属
1889年 西春日井郡六郷村大字大幸になる
1921年 名古屋市東区大幸町になる
1943年 矢田町の一部を編入
1984年 一部が大高南1〜2丁目、砂田橋1〜5丁目になる
1987年 大幸1〜4丁目、矢田東になる

 

大幸の位置図

  • 大幸

都道府県 愛知県
市町村 名古屋市東区
郵便番号 461-0043

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です