クリスマスプレゼント2018彼氏への時計ブランドはここ!価格別まとめ

Sponsored Links

秋も深まり、そろそろ冬の到来でしょうか。

冬のイベントといえばクリスマスですよね。

クリスマスプレゼントに彼氏へ時計をプレゼントしようと思っているんだけど何を選んでいいかわからない。

そこで、クリスマスプレゼント2018彼氏への時計ブランドはここ!価格別まとめということで情報をまとめてみたので気になる方は見ていってくださいね!

Sponsored Links

彼氏へのプレゼントに選ぶべき時計とは?

彼氏にプレゼントする時計は、やっぱり喜んでもらいたいものを選びたいですね。

けれど、さまざまなブランドからこれまた様々なデザインの時計が星の数ほどあって何を選んだらいいかどうか迷ってしまいますよね。

では、どうしたらいいかというとズバリ、彼氏の普段の服装や身に着けているものを日ごろからチェックしておくということです。

男の人は大体1,2個は時計を持っています。

仕事用やプライベート用、その日の服装によって付け替えています。

なので、彼氏の使うシーンを考えると選びやすいと思います。

例えば、アウトドアやスポーツをする彼氏ならタフで防水防塵の時計にする、ビジネスシーンを考えるならシックなものを選ぶといった具合ですね。

クリスマスプレゼント2018彼氏への時計ブランドはここ!

セイコー

1881年に服部時計店として創業されました。

1964年に東京オリンピックの公式時計に選ばれて、その時に国産初のストップウォッチ付き腕時計の「クラウン クロノグラフ」が発売されました。

2012年に世界初のGPSソーラーウォッチ「セイコーアストロン」を発表し1962年に登場したクオーツ腕時計次いで第2の革命と呼ばれました。

アディダス

ドイツのバイエルン州に本社を置くスポーツ用品メーカーです。

サッカー日本代表のユニフォームもアディダスですね。

価格が安く、デザインもいいのでカジュアルウォッチとして人気が高いです。

タイメックス

アメリカのコネチカット州に本社を置く時計メーカーです。

その昔、高級品だった腕時計を労働階級のアメリカ人が身に着けられるように安価に身に着けられるようにしたパイオニア。

世界的に知られる時計ブランドです。

Gショック

1983年からカシオ計算機株式会社から販売している腕時計のブランドです。

Gショックの特徴は、どのような衝撃にも耐えられる丈夫さはあまりにも有名ですよね。

また、ストップウォッチ、タイマー、アラームといったデジタル機能が充実しています。

シチズン

東京都西東京市に本社を置く精密・電子機器の製造会社です。

シチズンは誤差制度が年差±5秒の年差クォーツを搭載しています。

10年で1分の誤差が出ない制度を誇っています。

クリスマスプレゼント時計ブランドの価格まとめ

セイコー

出典:https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/astron/SBXC001

価格 2,041~2,635,200円

アディダス

出典:https://shop.adidas.jp/products/CK3128/

価格 9,720~27,000円

タイメックス

出典:https://www.timexwatch.jp/c/collections/fairfield/TW2R97700

価格 8,000~38,000円

Gショック

出典:https://products.g-shock.jp/_detail/MRG-G1000B-1A/

価格 11,000~300,000円

シチズン

出典:https://citizen.jp/product/the-citizen/lineup/detail/index.html?seihin_no=AQ1020-51E

価格 845~756,000円

このブランドの中だとシチズンが安いもので1,000円以下で購入することができますね。

一番高いのはセイコーですね。

まぁ、セイコーやシチズンは様々なモデルがあるので価格帯に開きがあります。

まとめ

今回は、「クリスマスプレゼント2018彼氏への時計ブランドはここ!価格別まとめ」というテーマでお伝えしてきました。

彼氏へのクリスマスプレゼントの時計ブランドは、セイコー、アディダス、タイメックス、Gショック、シチズンがおすすめです。

また、価格は一番安いもので845円で一番高いものだと2,635,200円です。

参考になれば幸いです。

クリスマスプレゼントは値段でなく相手のことを考えて選ぶという気持ちが大切だと思います。

素敵なクリスマスプレゼントが贈れるといいですね!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする