クリスマスプレゼント2018彼女にマフラーを贈るブランドのおすすめは

Sponsored Links

2018年の今年ももうすぐお終わりですね。

冬のイベントといえばそうクリスマスですね!

クリスマスプレゼントにマフラーを彼女に贈るのはとってもいいですね。

マフラーは冬のファッションのアクセントにもなりますし、服装によって使い分けで着るのでいくつか持っているといいです。

そこで、クリスマスプレゼント2018彼女にマフラーを贈るブランドのおすすめはなのがいいのか、価格帯はどれくらいなのか気になることが多かったので情報をまとめてみました。

Sponsored Links

彼女に贈るマフラ―選びで気を付けたいこと

彼女に贈って喜んでもらうには、日常で身に着けているものやファッションに注目しておくことです。

キレイメが好きなのか、フェミニンなのか、カジュアルなのかなど彼女のファッションスタイルを把握しておきます。

付き合っている期間がそれなりに長ければ事前に把握することはできるでしょう。

しかし、付き合って間もないときにはそうはいきませんよね。

なので、彼女の持っている財布などを見るといいです。

ブランドがわかりにくいときは、『その財布かわいいね。どこのブランド?』などと聞くとクリスマスを意識させずに自然に好きなブランドを聞き出すことができます。

無難なのはモノトーンですが、もし彼女がモノトーン系が多いのであれば色もののマフラーをプレゼントするものいいと思います。

モノトーンのシックな感じに差し色となるマフラーを付け加えるとおシャレになりますよ。

クリスマスプレゼント2018マフラー人気ブランド

それでは、彼女が送られてうれしいクリスマスプレゼント2018マフラー人気ブランドをご紹介したいと思います。

ジョンストンズ

1797年にスコットランドの北東部にあるエルギンというところで創業されました。

他のブランドに比べて歴史が長いですね。

マフラーやニット、手袋など質が良く世界的に有名です。

バーバリー

1856年に21歳という若さでトーマス・バーバリーが創立しました。

1990年代には安室奈美恵さんも愛用していて有名でしたね。

日本でも安室奈美恵さん以外にも愛用者はたくさんいますし、世界のセレブにも愛されていますね。

ディオール

1946年クリスチャン・ディオールがパリで設立しました。

ヨーロッパのハイブランドとしても知られています。

コーチ

ニューヨークのマンハッタンで1941年に創業されました。

他のブランドに比べて手に入りやすい価格設定になっているのでの日本でも多くの人に愛されていますね。

ヴィヴィアンウエストウッド

ヴィヴィアン・イザベル・スウィアがヴィヴィアンウエストウッドとして1983年のパリコレでデビューしました。

「地球」と「王冠」をモチーフにしたロゴが特徴的ですよね。

この5つが人気ブランドだと思います!

2018マフラー人気ブランドの価格帯

ジョンストンズ

価格帯 28,840~34,560円

バーバリー

出典:https://jp.burberry.com/womens-scarves/

価格帯 19,440~129,600円

ディオール

出典:https://www.dior.com/couture/ja_jp/%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%BC

価格帯 53,000~170,000円

コーチ

出典:https://japan.coach.com/shop/women-clothing-coldweather

価格帯 29,160~69,120円

ヴィヴィアンウエストウッド

出典:http://www.viviennewestwood-tokyo.com/f/dsd1-001001003—–?p=2

価格帯 12,960~24,840円

ヴィヴィアンウエストウッドがこの中ではお求めやすい価格帯になっていますね。

まとめ

今回は、「クリスマスプレゼント2018彼女にマフラーを贈るブランドのおすすめは」というテーマでお伝えしてきました。

クリスマスプレゼント2018彼女にマフラーを贈るブランドのおすすめなのは、ジョンストンズ、バーバリー、ディオール、コーチ、ヴィヴィアンウエストウッドの5つのブランドです。

価格帯は、5つのブランドで安くて12,960からで、高いものでは170,000円でした。

クリスマスプレゼントは、お金ではなく彼女のことを考えて選ぶというところに意味があるので気持ちを込めて贈りましょうね。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする