プール

CanCamナイトプール2019利用条件は?必要な持ち物はなに?

ここ何年かの夏は、ナイトプールがだんだん夏のイベントとして定着しつつあるよね。

というか、もう夏の定番と言ってもおかしくないよね(笑)

ナイトプールの楽しみといえばインスタ映え!

純粋にプールで泳ぐことを楽しむ人はわずかかもしれない。

インスタ映えにとにかく力を入れていいるのは、CanCamナイトプールだよね。

かれこれ4年間開催されている。

とても人気のナイトプールだ。

そこで、今回は『CanCamナイトプール2019利用条件は?必要な持ち物はなに?』をテーマに、CanCamナイトプールを利用したいけど何か条件があるのか、必要な持ち物は一体何のかについてお伝えしていくよ!

気になる人は気軽に見ていってね!

 

Sponsored Links

 

CanCamナイトプール2019利用条件は?

CanCamナイトプールの会場は、東京プリンスホテルのガーデンプールだよね。

なんか、東京プリンスホテルのガーデンプールだからホテルを利用しないと入れないのか?

という疑問をもつかもしれない。

しかし、そんなこと考える必要はなく、CanCamナイトプールのみの利用も全く問題ないよ!

気を付けなければいけないのは年齢制限だ。

CanCamナイトプールは、原則18歳以上からの入場になる。

年齢のチェックをされるかもしれないから身分証などを持って行った方がいいのかもしれないね!

それと、東京プイリンスホテルのガーデンプールは同じ敷地内になるんだけど独立して建てられているので、ホテルのフロントに行く必要はない。

直接ガーデンプールの受付に行けばいいんだね。

CanCamの公式ホームページでは、JR浜松駅と地下鉄大門駅、都営三田線御成門駅からのルートが画像付きで紹介されているので、初めて行く方は参考にしてみてね!

・CanCamナイトプールへのルート(JR浜松駅・地下鉄大門駅)

CanCamナイトプールへのルート(都営三田線御成門駅)

 

CanCamナイトプール2019に必要な持ち物はなに?

CanCamナイトプール2019の利用条件がわかったところで、実際に行く場合は何が必要だろうか?

まず、必ず必要なものをいくつか挙げておくね!

 

・水着

水着は無いとプールに入れないし、インスタ映えや動画映えを撮影することは絶望的!

家を出るときに3回くらいチェックしておこうね。

 

・スマホ

これも無くてはならない。

スマホで撮影しなければ何で撮影するの?

これを忘れたら本末転倒。

何のためにCanCamナイトプールに来たんだろう・・・・と途方に暮れちゃうよ(笑)

 

・防水スマホケース

プールサイドで写真を撮る場合にはなくても問題は無いよ。

だけど、浮き輪に乗って水上で写真を撮る場合には注意が必要かな。

万が一ポチャンしてしまうと頭が真っ白になってしまう。

そういう時に限ってバックアップとかしてないんだよね(汗)

 

・お金

コンロッカー利用の際に300円必要だ。

また、当日券を買う際にもお金は必要だよね。

 

プールなのに、タオルは必要じゃいの?という声が聞こえてきそうだが、CanCamナイトプールではタオルの無料貸し出しがあるんだ。

これってとってもいいよね!

タオルがいらない分、バッグの中身がかさばったりしないし、荷物が増えなくて仕事や学校の後とかにもすっごく気楽にいけるよね。

 

まとめ

今回は、『CanCamナイトプール2019利用条件は?必要な持ち物はなに?』というテーマでお伝えしてきましたがどうだったでしょうか?

CanCamナイトプールはインスタ映え動画映えを目的とした運営となっているので、スタッフさんが写真撮影などにとても協力的のようだよ。

だから、写真を撮ってもらいたいときには積極的にスタッフさんたちに声をかけてみてね!

インスタ映えする浮き輪などもたくさんあるから、まだ行ったことのない方は一度足を運んでみてね。

最後までお読みいただきありがとうございました!