軟式野球で2019年のバットは何を選べばいい?現役プレーヤーの悩み

Sponsored Links

2019年のバットは何を選べばいい?

M級対応になって何を選んでいいかがわからない。

俺に合うバットって・・・・・。

2018年からボールがM号ボールになって各社のバット開発が過熱している。
実にいろいろなコンセプトで出ているので正直何を選べばいいかがわからない。

こんにちは。
ブログ管理人のまーぴーです。

バット選びは、実に多くの情報が出回っていてYouTuberさんが打ち比べている動画をよく見ますよね。

しかし、映像をいくら見たところでその売った感覚はわかりません。
振りぬき感や振った時の重さなんかもその人基準の判断になる。

だったそうでしょ?
バットの重い軽いなんて人それぞれの感覚なんだから。

草野球で硬式から軟式に変わった人だって何このバット?おもちゃなのっ手ぐらい軽く感じるよね。
野球経験にかかわらず、体格や年齢、体重、筋力などもバットを振る感覚に影響してくるはずだ。

この2019年に一体どんなバットを選べばいいかを実際に僕が体験したことをお伝えしようと思うので、バット選びに興味のある人は見ていってくださいね。

この記事は、以下の内容でお伝えしていくよ!

2019年現在で購入を検討しているバット

バットのスペックは?

気になるバットが実店舗で置いてあるのはどこ?

まとめ

Sponsored Links

2019年現在で購入を検討しているバット

僕は2019年4月15日(月)時点で悩んでいるバットは4本ある。

・ビヨンドマックスギガキング02(ミズノ)

・カタリストⅡ Ti(ルイスビルスラッガー)

・ニュートロン(ルイスビルスラッガー)

・PRIME C271(ルイスビルスラッガー)

4本中3本がスイスビルスラッガーだ。
なぜ、ルイスビルスラッガーのバットに惹かれているかというと、カーボンバットが良いからだ。

中でもカタリストは有名。
でも一度も使ったことはない(笑)

僕はカーボン系バットが好き
20代の頃の話なんだけど大学の軟式野球部時代にカーボンバットで人生初のさく越えホームランを打った。

その時代は、僕はアンチビヨンドだった(笑)
自分の力で飛ばしてやるとしていたからね。

なんでカーボンを使ってい高というと地元の野球好きの友人と1対1の野球をしていていたときにイチローモデルのカーボンバットを使っていた。

1対1でピッチャーとバッターで勝負する。
ルールがアホで打たれたらピッチャ―が全て取りに行く。
凡打でもファールでも。

ヒットであれば連続で打つことができる。
ヒットって言っても守備がいないから結局言い合いになる(笑)

そのわけわかんない対決で僕は会心の当たりを何回か打った。
移転した小学校でホームから90~100mのくらいに体育館があった。

そこの壁にダイレクトで当たった。
その時に使っていたのがイチローモデルのカーボンバットだった。

長さと重さは覚えてないけど、あの細いフォルムは覚えている
それ以来、カーボンと細身のバットが好きになった。

バットのスペックは?

それでは、僕が購入を検討しているバットのスペックを確認していこう。

ビヨンドマックスギガキング02(ミズノ)

参照:https://products.mizuno.jp/c/item/1CJBR14685/

長さ:85㎝
最大径:平均φ69㎜
重さ:770g
バランス:トップバランス
価格:46,440円

カタリストⅡ Ti(ルイスビルスラッガー)

参照:http://www.imaisp.com/

長さ:85㎝
最大径:打撃部φ67㎜
重さ:720g
バランス:トップバランス
価格:38,880円

ニュートロン(ルイスビルスラッガー)

参照:http://www.imaisp.com/

長さ:85㎝
最大径:打撃部φ67㎜
重さ:740g
バランス:セミトップバランス
価格:43,200円

PRIME C271(ルイスビルスラッガー)

参照:http://www.imaisp.com/

長さ:86㎝
最大径:打撃部φ62㎜
重さ:710g
バランス:トップバランス
価格:38,880円

気になるバットが実店舗で置いてあるのはどこ?

購入を検討しているバットは本音でいわせてもらうと気軽に買える値段ではない。
なので、ネット通販でポチッはできれば実物を振ってからしたいところ。

というよりも実店舗で購入したい
振らずに買って、あれ?なんか違うていう状態にしたくないよね。

実際に僕が足を運んで店舗にあるのかどうか見てみるよ。

現在準備中

まとめ

いろいろお店を見て回ってから決定したいので、その時追記します。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする